韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

「友達」に帰ってきた妖精SES#20周年#ファンバカ#リーダーの涙

S.E.S
ループSESも友達(ファンクラブ名)も16年の間に指折り数えて待っていた瞬間である。誰のママも妻でもない、その時、その頃、私たちが愛した「妖精」に戻る時間である。

ガールグループ1世代を代表するSESが30日夜8時、ソウル特別市広津区アクティブに世宗大学海洋ホールで単独コンサートを開催する。SESは、コンサートに先立って記者懇談会に出席し、取材陣と会った。

今回の公演「Remember、the day」(リメンバー、ザ・デイ)は、SESデビュー20周年記念プロジェクトの一環として、2000年最後のコンサート以来、実に16年ぶりに開催される単独コンサートだ。

ユジンは「いつも私たち同士の再会を話してきた。活動のようしなくてもならない会ってきたのではない。会うたびに、この瞬間を想像して話分けてきた」とし「しかし、抑止に作ることは嫌だった。縁とタイミングがオ保たしようとした。心の準備をしてみると、適切なタイミングが来るだろうと思った」と話した。

彼女は「グリーンハートバザーを8回まで進行した。子供とユギギョンを助け、自然環境のために寄付して、小さいながらもそれなりのファンと一緒に8年間行事をしてきた。今回のコンサートも寄付コンサート次元でになったのだ。「デビュー20周年コンサート」という意味を持っているが、別の次元で今新たに開始する最初のバザーのコンサート」と説明した。

ユジンは「毎年このようにコンサートを企画することができるか分からない、数年に一度ずつでもバザーやコンサートをしていく予定である。ファンと一緒にしてきたものであり、今後もするので意味がある。バザーを離れてコンサートを通したファンも多く好むことができる桁が作られたようだ」と、困難心を表わした。


パダは「バザーでさらに今回は音楽が好きな方も一緒にすることができてもいい。慈善バザー形でSESが一つになる機会を持って嬉しい。快く一緒にしてくれたイ・スマン先生とSM家族に感謝している。良い気持ちで始めたためだ楽しく準備したようだ」と感謝の気持ちを伝えた。

SESとSMエンターテイメントは、心を合わせてデビュー20周年記念プロジェクトで発生する収益全体の20%を寄付することを決定した。今回のコンサートを通じた収益金の一部も寄付することにして意味を加える。

SESは、コンサートで2017年新年に発売されるスペシャルアルバム収録曲とダブルタイトル曲「Remember」(リメンバー)と「一幅の絵(Paradise)」はもちろん、「I'm Your Girl」、「Dreams Come True」、「 Love」など名曲と振付を披露する。過去20周年を記憶しながらも、豊かな新曲たちに新鮮さを加えた。

ユジンは"良い曲を得ることができるか心配した。「もう一度してみよう」との意味を集める時もタイトル曲を受けるのが容易ではないようだった。イ・スマン先生も「大変こともできる。定しないと、以前に出てきた曲をリメイクする方法も検討してみよう」と言われた」とし「しかし、ミーティングを重ねながら余計な心配をしたと思った」と話した。

彼女は続いて「SESの活動当時はアルバムを出すほどの実力の向上のために負担もあった。今回のアルバムは、負担感なく楽しみながら作業した。アルバムが出てくるということだけでも、ファンが喜んでくれることを知っているから」とし「とても楽しいよ。アルバムを出すだけでも、いい曲も良かったよ。SES最高のアルバムだと満足していた。感謝している」と付け加えた。


パダは「曲が本当に良かった。私たちの曲を聴いてたくさん泣いた。偶然なく歌詞が共感なったよ」とし「イ・スマン先生がたくさん気に与えられた。クリスマス午前3時に「タイトルのミックス終わっコンフォームした」は、文字を受けて感動した。すべてのスタッフが愛情を持ってくれた」と涙を流したりもした。

コンサートを控えてSESは、外的にも破格的な変身を試みた。ユジンはピンク色でシューは黄色に染めた。今日と明日だけアップデートワイスブラックピンク劣らない「アイドル」であり、妖精である。

シュは「コンサートを控えてアイドルようなスケジュールを送った。「いつこのような頭を試みるか、または「するつもりで染色を試みた。子供たちが「ママ、なぜ頭黄色の?」と言われたので「変?」と聞いたらきれいだったよ。子供応援を受けるから気持ちいい」とし「練習しながらも、冷蔵庫気にしながらマート思った」と冗談を言った。

ユジンも「歳月の流れにおいて、外的なものについては負担た。私たちの間で「TV出演を多くしないでください」と言った。画質がとても好きになって、私たちと、同じなかったよ。ファンが付いている幻想と神秘があるので苦心の末に適切に示すことだった」と冗談を言った。

メンバーの中で唯一未婚のパダは、「(家がある)ユジンとシュがー倍増トリプル努めた。時には明け方まで振り付け練習して家に行っても振り付け映像をもう一度見て寝ようとしたよ。このグループのリーダーと呼ばれるものに感謝を感じた。数ヶ月SESのチームワークをまた感じることができた」とユジンとシューに感謝した。


今回のコンサートは、チケットオープン02分で全席売り切れを記録し変わらない人気を立証した。ユジンは「ファンと再会桁ということだけでも、意味が深い。桁をタイト満たしたファンたちと会うと思うと、胸が熱くだ。期待される"と所感を伝えた。海は「SESで一つになることができるということ自体が私たちの歌のように「Dreams come true」だ。幸せな気持ちで一緒にしたい」と期待を表わした。

シューは「毎分」の時間」の大切さを感じている。一緒に作業しながら、あまりにも幸せだった」とし「やはりSESは三人が一緒にいる時最も輝くことを確実に感じた」と愛情を表わした。

ユジンは「過去の活動当時発見できなかったことを今回のアルバムを準備しながら、新たに感じた。「この声がSESの声だ」と思った。セットの声を一緒に歌で聞いたら、その時の香水を誘発た」と言って期待感を高めた

の両日、ファンと会うSESは、31日夜12時、各種音楽サイトを通じてダブルタイトル曲の一つである「Remember」(リメンバー)を先公開した後、1月2日午後12時、別のタイトル曲「一幅の絵(Paradise)」を含むスペシャルアルバム全曲の音源を公開する。アルバムは、2日に発売される。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索