韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.02.06.Mon

"ソンヨンが今シラーが" ... キ・ヨンオクの光州心配・愛

キ・ヨンオク
"ソンヨンががもうやめ置いて楽に休んで旅行やなんてというのに...。」

市民球団光州FCキ・ヨンオク(60)団長はキ・ソンヨン(28、スウォンジー・シティ)の父として知られている。中学生の頃、サッカーに入門して、錦湖高校監督としてコ・ジョンス(水原三星コーチ)、ナム・ギイル(光州FC監督)、尹晶煥(セレッソ大阪監督)など、多くの弟子を輩出した。

光州広域市サッカー協会会長など湖南サッカーの大きな幹をつかん期団長は、過去2015年4月未払いフルタイムで光州FCと縁を結んだ。すでに光州市協会長をしていた時代にも、光州FCの運営のために日陰で助けたことがある。いつの間にかキ団長も、今年は経過光州との契約が切れる。やめたいと思うが多かったが、市民球団光州が困難転がっていくのを見るとそうすることも容易ではない。契約が終わってもキ団長がチームを引っ張って与えなければならないという世論もかなりのものだ。キ団長は先月24日、光州の合宿地のポルトガルアルガルヴェ地方のポールチマンを訪れた。息子キ・ソンヨンの位置まで考えて似たような期間トロイアから二次電池の訓練をしていた20歳以下(U-20)代表まで、検索努めた。彼は「トロイアがリスボンでちょっと離れていたよ。ビトリアに行って船に乗ればと言っていたいくら探してもトロイアを移動する方法がなくただ帰ってきた」と濃い物足りなさを表わした。記者がU-20韓国代表を取材して光州トレーニングキャンプに来たと、キ団長は「私たち(金)ジョンミンがはよくしていた歌謡」とした。光州のユースチームであるグムホゴのミッドフィルダーキム・ジョンミンが生存競争で勝ち抜いているのかという問いであった。Kリーグクラブのシステムの定着に学校のサッカー名門で光州傘下に編入されたグムホゴが、人材の排出が容易ではないことは事実である。だからキ団長は「第2のキ・ソンヨン「発掘に全力を注いでいる。キ・ソンヨンのようなポジションであるキム・ジョンミンがU-20韓国代表の唯一の高校生選手という点で誇りが格別だ。若い選手の発掘に力を注ぐ理由は他にもある。まさに市民球団光州が直面している現実である。光州は毎年、他のチームから目をかける選手が絶えず排出されている。イ・スンギ(全北現代)、キム・ウンソン(アサンムクゲ)、イ・チャン同、ギムホナム(以上済州ユナイテッド)などジュンチョクグプ資源が他のチームに売れている。選手移籍資金で球団運営費を相当部分カバーしなければなら市民球団の立場ではどうしようもないことだ。キ団長は「ナムギイル監督も頭が非常に痛いだろう。いくつかの育てておけば、他の球団から連れて立ち去ってたらとても大変だ。それを見守る私の心も楽ではない。南監督を買わに追い込んで試合をすることにする感じだとさらにそうだ」と不足している自分の能力をせいた。だから、より良い成績をおさめなければ球団運営主体である時にも言いたいことがある。光州は昨年6〜8位を行き来スプリットラウンドでBグループ(7〜12位)に押されたが、最終的な8位と善戦した。チョン・ジョグク(江原FC)が20ゴールを決め長兄の役割をしっかりとしたバクドンジン、ジョジュヨウン、ユン・ボサンなど新人たちも大きな役割を果たした。ろくなクラブハウスもない木浦サッカーセンターで1年間のリースの生活をするためにホームゲームまで遠征のように支払っている現実で得られた成果という点で、さらに驚くべきだ。キ団長は、「最終的には光州という球団は成績が優先であるようだ。成績が私です何と言ってももう一つ生じるからである。私もあちこちで走ってはいるが、市民球団を眺める視線を変えて表示するには成績がよくそれは私が本当らしい。条だけが、クラブハウスもそう良い環境が造成されると、チームも安定を見つけないかと思う。もちろん、まだ努力が必要な時点」とした。プロというタイトルをつけ光州の劣悪な現実は、韓国サッカーの全体的な環境がまだたくさん不足を知らせることとも同じである。クラブシステムが備わっても良い選手発掘が正しくない場合は、国際競争力が落ちるという悪循環につながるからである。このため、キ団長は30歳近いキ・ソンヨンに刺激を与える20〜22歳の間の資源が出なければならないと心配していた。キ・ソンヨンはキ団長心配が多くなったという。いつの間にか還暦になった父が十分に役割をしたので無関心休んで旅行や谷と呼ばれる勧誘まで受けたという。キ団長は「ソンヨンが少し楽に滞在するんですよ。旅行も通って楽しみと言っていたそれの心のように可能なのかね。球団帰るだけ見れば、心配が泰山だのです」と言いながら笑った。息子の心配はない。嫁ハン・ヘジンさんにすべてを任せたからである。ハン・ヘジンさんは最近、英国現地に進みキ・ソンヨンの世話に集中している。キさんは「嫁もあり、私はイギリスに行く必要がありますか」と光州心配だけ抱いて帰国の途に上がると言った。Kリーグ開幕した煎じを控えてた団長は心が多く忙しくなった。南監督が選手団の世話を調整しながら日陰であちこちに飛ぶことが彼の役割である。キ団長は「団長が役割をまともにできないし、毎回ごめん。ここ(ポルトガル)でよく作って入ると、シーズンの準備に問題がないように準備に力を入れていく」と約束した。今年も光州がダークホース以上の力を発揮するようにサポートするのに苦労を使うという約束だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4883-96904611

 | HOME |