キ・ソンヨン」と主将役割、チソン兄の姿たくさん見てきた」

Category: ハン・ヘジン  

キ・ソンヨン
韓国代表チームのキャプテンキ・ソンヨン(28、スウォンジー・シティ)が中国戦を控えて覚悟を明らかにした。

韓国サッカー代表チームは23日午後8時35分(韓国時間)長沙逸和スポーツセンタースタジアムで中国を相手に「2018ロシアワールドカップ」アジア最終予選A組第6戦(JTBC、ネイバースポーツ、アフリカTV生中継)を行う。

A組1位と(3勝2分け、勝ち点11点)に続き、韓国は2位(3勝1敗1分け、勝ち点10)を走っている。一方、中国は2分け3敗(勝ち点2)でA組最下位だ。

代表チームは19日夜遅くに長沙に入城した後、20日の最初のトレーニングスケジュールを消化した。訓練は、約1時間30分ほど進行された。また、韓国と中国の取材陣にすべて公開した。しかし、21日のトレーニングを初め15分に公開した後、プライベートで進行する予定だ。

21日の訓練を控え選手団宿舎のケンピンスキーホテルでキ・ソンヨンに会った。次は、取材陣とキ・ソンヨンとの一問一答。

- 覚悟は

▶中国戦は、他の競技よりも重要である。試合の結果に基づいて、1位になることもあり、3位になることもある。もちろん、すべての試合が重要である。しかし、遠征試合だ。緊張感を持っている。

- 昨年9月に中国相手に苦労を食べた

▶実際には、昨年、中国と初めてついた。先に中国のサッカーに触れる機会がほとんどなかった。最後の15分ほどの緊張を遅く消していたようだ。3ゴールを入れた後、賢くなっていた欠けていた。だから、最後に失点した。当時と今では状況が違うようだ。中国もそれより戦術的にも組織的に完成されたと考えている。過去カタール戦を見ると、以前よりもはるかにチームが組織的に良くなったようだ。

- 現在の体の状態は

▶専門医がどれだけ休んだ話をした期間があるされた。代表チームでプレーすることができている場合走るのがいいと思う。それ合わせて努力した。割と膝の状態がいい。リハビリが順調によく行われた。過去のリーグ戦で先発出場れる知りませんでしたが、代表チームに来る前実戦を走ってと心が楽。コンディション部分では、心配をしないてもなりそうだ。(フルタイム出場は?)監督の分け前である。監督が判断をすることがあり、それに合わせてよく試合を準備する

- キャプテンとして話をたくさんするのに

▶選手たちが困難、そして負担を持っているだろう、外見ても中に感じる責任感がより大きいので、それを最初に経験する選手たちは、難しいことがあると思う。ミスも出てきて、困難を経験した京畿道あった。後輩たち助けようと多くの努力する。よくされているのか分からない。私に最善を尽くして重宝されるように努力するのが任務だと思う。

- チャ電力分析官とはどのような話をナヌナ

▶試合について話をたくさんする。(茶)のまわり型のような場合は、代表の選手たちとの生活を多くした。代表に精通していると考えている。選手として多くの経験をした。「このような雰囲気では、このような心構えを持って試合に臨もう」と話をしてくれる。選手として大きな力を受ける。私も多くの援助を受ける。

- 中国監督が変わった後にどのような変化があったか

▶監督が変わってカタール戦を見た。チャイナカップは、主に、最初入ってきた選手だった。整備がよくなっているようだ。前回は、守備的にあるたが、今では積極的に変わった。ホームでて前方圧迫をたくさんするだろうと思う。中国守備が弱いというより、どうしても中国が過去の試合で2-3で敗れてみる価値だと考えてただろうし、ホームで強く出てくるだろうと思う。そこによく準備をする必要があるようだ。

第役割はチームのバランスをよく合わせるものである。攻守の調節を上手に私の最初の役割である。ホームですることではなく、守備側のミスがない出てゴールを食べてはいけない。そのようなことが重要と考えなければならない。

- キ・ソンヨンが考えるリーダーシップとは

▶前の主将という役割を担っているので、個人的にもそうで監督もそう、チームを助けることができなければならないと考える。そのような意味で、個人的に準備をたくさんしてきた。監督もそのようなことを望んでおられるようだ。実際にはテフィ兄もそのような部分で古参でありながらメンターの役割をすることができるが、監督の立場では当然そのようなプレーヤーが無いと何か寂しいすることもできる。テフィ兄のような場合は、最後まで守ってみようとしていたようだ。

重要なのはどれだけの自己責任を持ってするかだ。特定の選手がチームを引っ張っていくことではなく、代表の一員として責任を持って行くのが代表チームが成長して発展する姿だと思う。ここに集まった選手たちが初めて代表に入ってきた選手たちも同じであり、長い時間走った選手たちもそうですし、今は韓国を代表して出てきたので、責任感を持ってなければならないようだ。

- とは前と比べがされ

▶サッカーは11人が競技だ。ある日は1,2人の選手が不振することができる。そんなとき、残りの7人が引っ張っていくと、大きな問題はない。ところが、6,7人不振するときは、残りの3人は難しい。

過去イラン戦で多くの経験をしたと思う。観客が多くの試合でどのようにするか感じだろうと思う。2018ロシアワールドカップに行く最終予選のいずれかである。それ以上でもそれ以下でもない見る。とても雰囲気が「サドだ」と周囲に記載をしても負担を持っている必要はないと思う。

- ソン・フンミンコロンが影響があるか

▶攻撃陣では、良い姿を見せており、脅威的な選手なのにコロンをすることになって残念だ。どうせ走ることができない状況である。他の選手が満たさなければならないと思う。フンミンの代わりに入る選手も責任があるのだ。見せようとする心がある。誰トィドゥン期待されるのも事実である。もちろんソン・フンミンプレー場合、攻撃の方でもプラスになるのは事実である。しかし、ない状況も乗り越えなければならするのが代表の発展のためにも良いだろうと思う。

- 真剣な態度が見える

▶主将役割を引き受けたこともあるが、最年少だったときとは代表チーム内重みが違うと思う。過去には先輩たちの多く頼る部分があった。もう後輩をよく導いてなければならない。慎重に考えるようになる。代表チームに来ても走った期間よりも走ることができる期間が少ない。一試合、一試合が大事だ。代表チームに来て試合を走るのが良いようだ。先輩・後輩たちと走るのが大事である。

- センチュリークラブ欲は

▶私切実である。センチュリークラブを考えたことはなく、ワールドカップを私かない私がかという韓国サッカーにとって本当に重要なことだと思う。ワールドカップを釘いくと代表だけでなく、韓国サッカーが打撃を受けるしかない。

もちろん、ワールドカップは、個人的に大きな名誉である。韓国サッカーに発展することができる良い機会だ場合、4年の準備期間を飛ばした場合、また、4年を待たなければならない。そのような部分では、ワールドカップを出ることが重要なようだ。過去のワールドカップの物足りなさがたくさんあるので、個人的に(したが)緩めたい切実なようだ。

- 家庭生活に役立つと呼ばれる

▶役立つ多くなる。大変長いのに(笑)。されるようにサッカーをして大変な時間もあり、ストレスを受けることもある。ところが、家族を見ると、すべてを忘れてしまうことになる。娘を見ると、疲労感がある飛ぶ。今、家族が一番最初になったようだ。ジンスが結婚するとしてお祝いをした。結婚すれば一人でいる時とは全く別の人生である。横から誰かがいてくれて助けをたくさん与えるのが良いようだ。

- ストレスやプレッシャーはないか

▶過去5試合をしながら私たちが困難な時間が多かった。そんなことが何度も思いをたくさんしているようだ。「どのようにすれば、このチームに役立つか」という考えをする。今5試合が残っている。ワールドカップに満たないという考えはしない試みた。私たちは、当然のワールドカップに行くだろうし、肯定的に考えている。23人のすべてを総合して見たときのワールドカップに出ることができる実力を備えていると考えている。私は私が見た釘私が見た選手たちは、どのように残念だろうか。ロマンがあるそうだ。

- ワールドカップで優れてみたら後輩があるか

▶まだワールドカップを釘跳び本の選手たちにとってはそのような心がかかる。年齢が多く少なくを残してワールドカップに釘出た選手たちは、その舞台をどのように踏んでたいかどうかを話をしなくても、同じサッカー選手によく知っている。そんな選手たちは切迫して切実に走るだろうと思う。そんな選手たちのためにも、いかなければならないと思う。

- キャプテンとして選手たちを叱責する場合があるか

▶時には必要だと思う。その前に、私は何かを良いことだと思う。私競技場でできず、あるが誰かに言うこともできない。また、聞くこともない。私は何をする必要があり尊重をしてついてくる。競技力も都合なく主張として何もできずにいる状況で要求すると私同じでもないと思われる。

私が思うの主将としての役割はこうだ。代表は、成人であり、所属チームで最高の選手だ。これら一つ囲みには、その場で模範を示さなければならないと考える。それぞれ最高の選手たちだが、何かを話すことができない。そんなことが主将として最も重要な役割であるようだ。このような考えは、昔からだった。チソン兄の姿をたくさん見た。特に話をしなくてもグラウンドで見せるのが選手たちに助けになるだろと思う。

- 遠征試合に出たときにどのよう心を持つか

▶序盤の流れが最も重要である。序盤10〜15分の間、相手が強く出てくるしかない。そこで押さ起動すると、相手も自信を持って試合を続ける。序盤10〜15分の間の緊張せずに自分の姿を見せてくれるのかに応じて、90分決定される。今回の京畿道同じであることだ。10〜15分の間負担や圧迫感を堪えかによってゲームの様相が変わるだろう。

- 逆襲が遅いという評価があるが

▶良いチームを見ると、守備で試合を解決していくのがかなり良い。代表チームで9年ほど走ったが、昔より個人的な表示の管理のような能力は、より良くなったようだ。最近のサッカーの傾向が後方からビルドアップをしていくのである。また、ボールをたくさん所有する相手が走る距離が多く、体力的に優位にある。

私たちの代表チームも多くの努力をしている。もちろん、100%満足することはないと思う。積極的な部分で選手たちが果敢にする必要はあるようだ。ミスを恐れていてもしようとしなければ、攻撃でチャンスを作ることができる機会が少なくなる。そのようなこと監督も要求を多くする。

サッカーというのが言葉がちですが、毎分の中でするのは難しい。努力はたくさん持っている。試合でも出てくるのがちょっと難しいようだ。代表チームは準備期間も短くコンディションも違うので、その枠を作成するために時間がかかるようだ。最終予選に入って経験していない圧迫感、心理的要因、景気がないされたときに解いていく方法については難しい点が多い。だから、最終予選が難しいようだ。最終予選結果が重要である。

- グラウンド状態は

▶まだ競技場は前に行った。韓国ではなく、私のようだ。上岩で走るのが一番嫌いだ。草がとても良くなくて。

- 中国よりも私たちが良いと見るのは

▶過去の成績や、最近の試合を見ると、中国に一度しかないた。選手たちもよく認識しているだろう。私たちは、いくつかの状況では、無条件に勝たなければならという過度な緊張やそのようなものと考える必要はないと思う。中国サッカーが投資も多くしており、リーグもそう代表も当然の環境や、このようなことが変わるので、成長をしていると見る。

まだ私たちが多くの点で十分に勝つことができると考えている。アジアでは、韓国がまだ十分にトップレベルにあると思う。重要なのは、それを見せるか、釘見せるかに違いだと思う、示してくれればアジアのトップだが、釘示してくれれば困難が来るだろうと思う。最終的には競技場で見せるのが勝利チームが勝者だ。競技場で見せるのが最も重要である。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2017_03_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索




.