韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.03.24.Fri

「主将」キ・ソンヨン決心発言... "選手たちはなぜ遊んでたのか?」

キ・ソンヨン
中国戦の衝撃手札に「主将」キ・ソンヨンが決心発言をした。

ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは23日(以下韓国時間)、中国長沙逸和スタジアムで行われた2018ロシアワールドカップアジア最終予選第6戦、中国との遠征試合で0-1で敗れた。シリアがウズベキスタンを1-0で握ってくれたおかげで、韓国はA 2位を維持した。

衝撃的な敗北だった。韓国は65%のシェアを握って何とかゴールをプルダウンした。しかし、中国の守備が堅固て、決して侮れなかった。むしろ逆襲状況で継続して中国に守備が破ら。前半34分、中国のCKを、上記ダバオの決勝ゴールが決まった。イ・ジョンヒョプ、チ・ドンウォンなどがぼうっとしてマークマンを適切に防ぐことない結果であった。

中国戦敗北の責任は、一度シューティせ監督の戦術の失敗が大きい。シューティケー抜いキム・シンウク、ファン・フイチャン、ホ・ヨンジュン交換カードはすべて失敗した。キム・シンウクを入れたら、活用もすべきだった。シューティせは何のために選手を入れていることを意図さえ不明であった。

もう一つの敗北の責任は選手たちにあった。試合後の主将キ・ソンヨンは異例の高強度の発言を吐き出した。キ・ソンヨンは試合中大声をあげたり、ため息をつく姿を見せた。普段なかなか見られない場面だった。この日、韓国の攻撃は、キ・ソンヨンの中距離シュートとチ・ドンウォンのヘディングシュートがすべてだったとするほど無気力だった。

キ・ソンヨンは「何の話か分からないのに十分な多くの失望した。試合に出る前になるという考えは絶対にないと述べた。最終的には結果を得られなかった。実際にはどのようなから知っているか分からない。主将として、その中に選手たちに良い話をしてくれて、時には怒りながらも多くの努力をした。そのような部分がよくならなかったようだ」と嘆いた。

失点状況は明らかに韓国選手たちの集中力の欠如のせいであった。キ・ソンヨンは「セットプレー状況で失点したのは、選手たちの集中力が低下したんだ。試合前にもそれについて話をたくさん交わしたが、小さな部分が安易に続き、失点になった」と指摘した。

主将キ・ソンヨンは遠征無得点で勝利がないことの責任を痛感した。複数言い訳をまくったシューティリケ監督とは違っていた。キ・ソンヨンは「遠征に来ていくつかの環境や他のものが不足したというのは言い訳であるようだ。遠征での成績が十分でないのは対応できなかったということだ。遠征3試合ではほとんど勝利できず、ゴールも入れていない。その部分は、いくつかの深刻問題のようだ」と素直に過ちを認めた。
このままではロシアワールドカップに行けない。行っても全敗する可能性が高い。複数回のワールドカップに私が見たキ・ソンヨンが最もよく知っている事実である。キ・ソンヨンは「自己がワールドカップにどれだけ出たいと思うか、切実に悟らなければならない。戦術がどうであれ監督が選手を誰を起用して、このようなもの、重要なものではない。誰が入ってガーデン代表選手であるため、競技場の中ですべてを注ぐ。それなら出てきた時は代表選手に大きな問題がある。選手たちだけでなく、コーチングスタッフ皆変わらなければならない。でないとワールドカップに出るのが難しい」と一喝した。

キ・ソンヨンは不振、特定の選手を取り上げていなかった。ただし主将として太極マークにふさわしい活躍をしていなかった選手がいたという事実だけは明らか確かめて行った。キ・ソンヨンは「今日のように試合するとシリア戦もかなり大変だ。私たちは本当に良くない状況にある。選手たちがそれに対してもう一度考えてみます。ハードした結果にならない出てきたという言い訳をタップすると、代表選手の資格がないようだ」と先輩・後輩を促した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4900-0c906ba6

 | HOME |