韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.03.24.Fri

「ささやき」イ・ボヨン "3年ぶりの復帰作...パク・ギョンス作家信仰から"

イ・ボヨン
俳優イ・ボヨンが3年ぶり復帰作で「ささやき」を選択するようにされた理由でパク・ギョンス作家に対する信頼を挙げた。

イ・ボヨンは24日午後、ソウル陽川区木洞SBS社屋で行われたSBS新しい月火ドラマ「ささやき」(脚本パク・ギョンス演出イ・ミョンウ)製作発表会でこのように述べた。

この日、イ・ボヨンは作品の選択理由について「最初は作家に対する信頼だった。作品をすべて見た後ろあまりに台本を硬くソジュシ方と作品を待っていた」と打ち明けた。

イ・ボヨンは「台本が出てきた時もとてもおもしろかった。だから、選択することになった」と付け加えた。

イ・ボヨンは劇中、父の無念を明らかにするために、裁判官イ・ドンジュン(イ・サンユン)に体まで投げる刑事シンヨウンジュ役を引き受けた。

一方、「ささやき」は、法律事務所太白を背景に敵から仲間に、そして最終的には恋人に発展する二人の男女が人生と命をかけた愛を介してボプビを痛快に膺懲する話を扱った作品で来る27日午後10時初放送される。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4901-b9335140

 | HOME |