韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.03.25.Sat

「ユン食堂」初めての部屋によく育てイ・ソジン、ユン・ヨジョンの頼もしいすべてクリアがドゥェダ

ユン食堂
ナ・ヨンソクPDが磨いておいた芸人イ・ソジンが「ユンレストラン」初めての部屋で大活躍を繰り広げた。グィチァニズムはどこに行ったのか。イ・ソジンがもうユン・ヨジョンのすべてクリアに位置づけた。

3月24日に初放送されたtvN「ユン食堂」では、バリ近くの島にユン食堂を調え、本格営業を開始するユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミの姿が入れられた。

この日、イ・ソジンが文字通り「ストリング」をした。まず、腕をまくり上げて飲み物を作るところユン・ヨジョンとチョン・ユミのためにキャリアを移しサイクルまでした。また、過去「三試三食」当時「仕事ない人」でユン・ヨジョンに烙印が写った彼は「ユン食堂」でユン・ヨジョンに認められるようになる予定だ。

イ・ソジンは芸能プログラム出演が初めてのチョン・ユミを実の弟のように手にした。朝早く移動しなければなら一定のチョン・ユミが出なかったので、直接キャリアをあげた。10日間滞在宿泊施設に到着しても同様。イ・ソジンはユン・ヨジョンとチョン・ユミにそれぞれ書きたい部屋を埋めたところで、彼らの部屋にキャリアを持ってくれた。

サービング、ジュースを作る担当イ・ソジンはレストランに到着するとすぐパイナップルジュースを作った。「三試三食」を通じてイ・ソジンを怠惰な人に認識したユン・ヨジョンは彼不満に見た、イ・ソジンはミキサーの使い方まで習っパイナップルジュースを作り出した。以後レモンとシロップ、炭酸水でレモネードまで作った。翌日オープンのための万全の準備をしたわけだ。

横店に行く市場調査もしっかりしている。多くの食品を注文して食べてみるのはもちろん、メニュー板までのカメラで撮っておき情熱を燃やした。いろいろ落ち着いたイ・ソジンだった。

ユン・ヨジョンは製作陣とのインタビューで、「常務がとても気に入った。準備を完璧にしてくれ。後には依頼した。その子が社長であり、私のズボンの社長になった」と話した。これはこの日の放送の状況とはかみ合わないが、数日後イソジンの頼もしい姿に感謝を感じたユン・ヨジョンのインタビュー。ナ・ヨンソクPDの芸能番組に着実に出演して積み重ねてきた実力が「ユン食堂」で正しく通じたわけだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4912-5c14db1a

 | HOME |