韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017/03/25(Sat)

「ユン食堂」初めての部屋ユムアセンブリチョン・ユミ、ラブリーにサクサクハムまで

ユン食堂
チョン・ユミの魅力が「ユンレストラン」初めての部屋で爆発した。愛らしさはもちろん、大先輩を補助するサクサクハムまで備えている。

3月24日に初放送されたtvN「ユンレストラン」では、レストランの営業を控え、本格準備に突入するユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミの姿が描かれた。

作品の中でラブリーな魅力を見せてくれたチョン・ユミが現実でもラブリーな魅力を誇った。ユン・ヨジョンが、地元の料理のせい難しくするだろうと考えて韓国でキムチ、海苔、梅、ワインなどをバリバリ取りまとめてくるのも忘れなかった。「ロマンスが必要2」週間実、「恋愛の発見」真夏を超え現実」ユムアセンブリ」だった。

この日ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミがバリの近くに位置する島に向かった。バリで船に乗って行かなければならところ。チョン・ユミのラブリーな魅力は、地元の人々も調べた。船からの写真を一緒に撮ろう要求を受けたこと。また、チョン・ユミは、物事を交渉していたイ・ソジンの横には「私はコレ!」という大声を張り上げて笑いを抱かもした。イソジンは「手足がない合う始めた。交渉していると行って「私これ」とこのようだから」と首を横に振った。

その到着したユン食堂の近くの宿泊施設。チョン・ユミは、キャリアだけ犬を持ってきた。荷物が多い理由は別にあった。ユン・ヨジョンのために韓国から多くのこともたらしたもの。チョン・ユミは、キムチに味噌、ワインまで引き出したときに「梅ある。先生の口がないとき必ずと持ってきた」と話してユンヨト語を嬉しそうにした。海苔の種類別に用意してきて、さらに足マットまで持ってきた。

ユン・ヨジョンはそんなチョン・ユミの姿に「大人をよく祀る子よ」と絶賛した。「心を熱心に書いて私に必要なものさっさとくれる。私のが使わないロマンだから何助けようとする」という言葉を加えても。これチョン・ユミは「知人に聞くと先生のN地元の料理の香りが強いから。」と準備をしてきた理由を説明した。

も熱心にした。率先垂範して取り除くことはもちろんであり、明日書く布巾を事前に吸う置くまでした。ユン・ヨジョンが満足するしか。ユン・ヨンジョンは「アシスタントがとてもよく入った。非常に満足である」と笑った。実際、この日チョン・ユミが最も多くした言葉は、ユン・ヨジョンを呼ぶ「先生」だった。

ラブリーな魅力も止まらなかった。宿泊施設からお店まで自転車に乗っていたチョン・ユミは、でこぼこ道に「長すぎる険しい」としきりに「ソーリー」を叫んだ。夜遅く家に猫が入ってくる神や軽食を準備することも。猫がおやつを与えたり前出かけよう"明日必要ない。バネノァヤジまた来る」として取り除く話す姿も電波に乗った。作品の中チョン・ユミはなく、人チョン・ユミの魅力が爆発した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4913-3c07c255

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する