韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

「オンジュン遺骨」キ・ソンヨンとク・ジャチョルの一針、「選手たちが間違って "

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(28、スウォンジー・シティ)とク・ジャチョル(28、アウグスブルク)の言葉には、骨があった。監督に向けた非難より選手たちのせいでは大きいことだ。

ウリ・シュティーリケ監督率いる大韓民国サッカー代表チームは28日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で開かれた2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアのワールドカップアジア最終予選第7戦、シリア戦でホン・ジョンホのゴールで1-0の勝利を収めた。これで韓国は勝ち点13で中国戦惨事を忘れリーグ2位を守った。

勝利したが、最悪の姿だった。韓国は前半4分ホン・ジョンホがソン・フンミンのCKを守備が正しく処理できなかったボールを終えて有利な状況を作った。これはシューティせ号ゴールになった。残り時間韓国はシリアの攻撃をギリギリに防いで出して勝ち点3を獲得した。難しい試合だったが、韓国は冷静に勝利を収めた。

勝利したが、大きく笑うことができなかった。試合内容が深刻だったからである。韓国は序盤を除けば、終始、シリア攻撃をギリギリに防いで不安な状況を公開した。この過程で、選手たちはボールコントロールが不安し、相手に攻撃の主導権を渡した。シューティケ監督が最も望まれていない場面だった。
これ試合後、多くのメディアは、シューティせ監督は批判し更迭説に重量を加えた。結局、シリア戦終了後にシューティせ監督は頭を下げるしかなかった。しかし、直接試合をプレーした選手たちの意見は違った。特に主将キ・ソンヨンとク・ジャチョルの言葉で、その意味を知ることができた。

まず、キ・ソンヨンは「監督は多くの準備をした。いくつかのプレーを話しても選手がこれを見せてくれていない。外では監督を問題にコプジが、私は選手たちが、戦術的にこれを行っていないと思う」と胸の内を打ち明けた。

続いて「今のようにすればどのような監督が来ても問題が生じるだろう。これまでの主張として、選手たちに良い話をした。今回の2連戦を介して選手たちの競技力について話さなければならない。監督は重要でない。今日の姿は代表レベルにたくさん不足した」と明らかにした。

選手たちに向かって主将キ・ソンヨンの苦言は続いた。彼は「監督の問題ではない。選手たちが再び精神を弁えなければならない。次のAマッチまで各自試合のために準備しなければならない。監督がいくら良い戦術を組んでも選手がなければ意味がない。代表9年間監督が5度変わった。責任は監督だけになっている。皮肉だ」と批判した。

ク・ジャチョルも同じだった。ク・ジャチョルは「選手たちがどのように大きな責任感を持っているのか、精神的に準備ができてたのか会話をしなければならない」と選手たちの態度を批判した。続いて「流れが重要である。2次予選は良かったが最終予選で前より強いチームに会い、心理的な圧迫を受けながら勝ち点を失った。プレーが良くない。問題をよく緩めていない。遠征で勝ち点を取得する必要に萎縮がされている」と述べた。

キ・ソンヨンとク・ジャチョルの言葉のように今の監督を非難するよりも、選手たちを振り返る時間である。韓国は勝利にもかかわらず、不安な状況に置かれた。監督のミスよりも選手たちの態度に疑問符を付ける時間である。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索