韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.03.30.Thu

キ・ソンヨン「毒舌」に溶けているシューティケホ」毒薬または星」

キ・ソンヨン
"私たちのすべて樋にあるが、いくつかは星を見つめている。「

危機を経験しているサッカーチームの主将キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)が意図して「毒舌」を吹きだして選手団に覚醒と自覚を注文した。シューティせ号「毒」が溶けている一言であり、危機の希望を見つけるための切実なあがきだった。

ウリ・シュティーリケ(63・ドイツ)監督が率いる韓国サッカー代表チームが「2018ロシアのワールドカップアジア最終予選」で苦戦している。勝敗を離れ、7試合を払って発展どころか退化している。苦しい競技力に懸念の声が空を刺す。29日現在、勝ち点13(4勝1分け2敗)で出場直行マジノ線2位を維持しているが、カタール(6月13日)イラン(8月31日)ウズベキスタン(9月5日)など上位チームとの対決だけが残っており、厳しい順位競争に予想される。

代表雰囲気が底まで沈んだ中で、すべての非難はシューティリケ監督を向いている。無色無臭の戦術、効果的な用兵術、選手一人一人の長所を生かすことができないパターンなどを指摘受け、ギョンジルロンまで水面上に浮上した。シューティリケ監督就任後最悪の世論である。

このうち主将キ・ソンヨンが立ち上がった。彼は、シリア戦直後「選手たちが競技場での能力を見せてくれた。監督の戦術の問題ではない。選手たちが監督が注文する戦術を正しく理解できていない」と毒舌を吐き出した。続いて「パスをすると見管理さえきちんとできていない。これは代表レベルに合わないプレーだ」とし「今のようなプレーであれば、どのような監督が来ても問題は発生しない。選手自ら考えて感じなければならない」と指摘した。

これはシューティリケ監督の性向と関連があることをスポーツワールドの取材の過程で確認した。代表内部関係者は「シューティリケ監督が曖昧に戦術を指示する傾向である」と打ち明けて"もちろん個人差があるだろうが、欧州の監督のスタイルだ」と説明した。ここでシューティせ号「毒」が溶け込んでいる。協会が疎通部材を指摘しドイツに堪能なチャ電力分析官を投入し、欧州での選手生活をしたソル・ギヒョンコーチを選任したのも、このような脈絡だ。現状態を維持すると代表チームは取り返しのつかない結果に直面するしかない。

シューティせ監督の変化も必要だが、キ・ソンヨンが毒舌を吐き出した理由は、代表チームの選手一人一人がシューティせ監督の意図を考えて研究してプレイに見せてほしいというものである。代表ユニフォームを着る選手なら、このような一人一人の特別な努力が必要であることを間接的に表現したものである。受動的に単にハードだけ走ると代表チームの選手ではないことを強調した。彼は「責任は監督がなる。代表生活をしながら、5回も監督が交代した」と説明し、「しかし、選手は何の責任を負わない。皮肉である。選手団の両方の精神弁えなければならない」と力説した。

世界的な小説家オスカー・ワイルドは、「私たちのすべては、樋に陥っているが、その中のいくつかは、以上の星を眺めている」と述べた。キ・ソンヨンが眺めている星を代表誰もが見るべきワールドカップも近づいてくることを覚えておかなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4919-b2cae27e

 | HOME |