韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

代表の主将キ・ソンヨンの苦労... データは言う

キ・ソンヨン
最終予選7試合でパス・シューティング・ビルドアップなど、すべて1位
サッカー代表チーム主将キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)は28日、2018、ロシアワールドカップアジア最終予選シリア戦を終えた後、仲間の選手たちを公に苦言を残した。

彼は、「選手たちができなかってたものである。覚醒しなければならない」と弟に苦言を残した。

このような言葉を残す必要があった。

キ・ソンヨンはこの日、守備的MFで先発出場し、攻撃と守備を選ばずに苦労した。

しかし、周辺選手たちはキ・ソンヨンのプレーを支えてくれなかった。

キ・ソンヨンが鋭いスルーパス、クロスを飛ばすたびに攻撃陣は非現実的にボールを奪われ無為に終わった。

「キ・ソンヨンだけ闘魂を発揮した」との評価が出てくるほどだった。

キ・ソンヨンの「孤独なプレー」は、シリアの前にのみ限定されない。彼はロシアのワールドカップ最終予選の期間にわたって一人のチームの中心を捉え、すべての力を出している。

代表チームがキ・ソンヨンにどのよう頼っているのか、データが証明している。

大韓サッカー協会の資料によると、キ・ソンヨンは予選7試合でパス・シューティング・ビルドアップなど、ほぼすべての数値で1位を記録している。

彼は最終予選第7戦で合計474回のパスを記録し、チーム内1位を記録し、パスの精度(90.7%)も最も高かった。

代表内で200回以上のパスして精度90%を超えた選手はキ・ソンヨンだけだ。

パスの詳細要素でもキ・ソンヨンはずば抜け活躍を広げた。彼は「攻撃的パス」を最も多く(45回)記録し、精度(77.8%)も最も高かった。

代表選手のうち15回以上に積極的パスを記録した選手の中で精度60%以上を記録した選手は、キ・ソンヨンが唯一だ。

攻撃地域パス(154回・精度89.6%)で独歩的な1位を記録し、守備の地域パスでディフェンダーチャン・ヒョンス(広州)に続いて2位に上がった。

シュートは14回路ソン・フンミン(トッテナム・12回)、ク・ジャチョル(10回)よりも多かった。撮影精度(35.7%)も二人の選手よりも良かった。

攻撃ブロックの数は、34回のDFチャン・ヒョンスに次いで2位だった。

ビルドアップを80回試みク・ジャチョル(アウグスブルク・82番)に続いてチーム内2位を記録した。

出場時間も最も多かった。予選7試合すべてフルタイム出場した選手は、キ・ソンヨンとチャン・ヒョンスだけだ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索