韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.01.Sat

ヒーリングを売る "... 「ユン食堂」に営業された

ユン食堂
正常営業を開始し、視聴者は営業れた。ぜひ一度行ってみたいレストラン。エメラルド色の海が広がっているビーチは、人社臭い懐かしあふれる店だ。バリの小さな島、「ヒーリング」を売る「ユン食堂」の話だ。

ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、シングが一家族になってお店を経営する姿は、それ自体で「ヒーリング」だった。人間的な魅力を誇る四俳優。そして調味料のない深い味わいを楽しんでオリョネはナ・ヨンソクPDの演出が一品である。

先月31日に放送されたtvN芸能プログラム「ユン食堂」では、三人の俳優がバリの近くの島に小さな食堂を開いて操作する話が描かれた。

この日の放送で、三人は、直接食材を買い物手入れをし、オープン準備を終えた。しかし、ゲストがかからず、社長のユン・ヨジョンは焦っている様子を見せた。待った末客が見つけてきて、最初の注文を受けた。

ユン・ヨジョンは真心を込めて焼肉料理を作って出し、チョン・ユミは気さくに彼の補助した。イ・ソジンは飲み物を作って料理を提供して、それぞれの位置で最善を尽くした。

お客様の反応も良かった。色とりどりながらも、自然と調和したインテリアと焼肉を使った料理にかなり満足している様子。キムチを探したり、韓国語で感謝をする外国人もおり、興味深かった。

何よりも、この日の白眉はシングの合流。最強のアルバイトスペックを持つ彼は、「旧ケビ」に紹介され、初出勤を終えた。三人は、期待感を抱いてアルバイトを待ち、シングの登場に戸惑いながらも一気に走っ挨拶を交わした。

何よりも期待を集めた四人の「ケミ」が目立った。それぞれのキャラクターが和えながら良い呼吸が行われ、、徐々に家族のような雰囲気を演出しながら、快適な感じをかもし出した。ユン・ヨジョンが社長兼オーナーシェフを、イ・ソジンは総務兼サービングとキャッシャーを、チョン・ユミはキッチン補助を務め、それぞれの役割をこなしながら楽しみを与える。

これらの店はかなりフォーマた。ビーチがひと目で見えるビューと広々としたキッチン、快適ホールと雰囲気のある外観が一応合格点だった。三人は、直接市場調査に乗り出して料理を作って見て、価格を定めてオープンを準備していった。互いに固く団結し、素朴な夢に向かっていく過程は、暖かく暖かくした。

見るだけでも、快適な安息を与える「ユン食堂」。代表メニューは「ヒーリング」であることが確実である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4930-a7b0e928

 | HOME |