韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.01.Sat

「ユン食堂」チョン・ユミ、即応性満点きれいしかない末っ子

ユン食堂
ユン・ヨジョンにチョン・ユミは、きれいしかない後輩だ。何をしたいどんなにてきぱきよく取りまとめるか。視聴者が見ても笑顔が自然に出てくる温かさである。

3月31日放送されたtvN「ユン食堂」では、ユン・ヨジョンの手足になって忙しく動くチョン・ユミの姿が描かれた。一瞬たりとも笑顔を失わない彼の姿に日本人客もすっかり落ちた。

チョン・ユミは、朝から「ユン食堂」の家族のために動いた。目を開くやいなやマートに向けたチョン・ユミはリンゴとバナナなどを買いながらみんな食べる朝を手にした。ユン・ヨジョンはチョン・ユミのおかげ目覚めてすぐに堅く倍を満たすことができる。後の章を見に行ったスーパーでニンジンがなかったため一人の市場にはニンジンを買っては情熱あふれる姿も見えた。

キッチンでも情熱は燃えた。イ・ソジンは、光の速度で野菜を整える間、チョン・ユミは「先生これスシルのですか?」という質問をはじめと厨房機器を整理し始めた。動線に合わせて、より楽に書くことができるようにするため。ニンジンを切りに行く"先生これお召し上がりください」とユン・ヨジョンの口にニンジンの部分を入れてくれた。

反転の日本語の実力も自慢した。彼はホールで忙しく動くイ・ソジンのためではなく、日本人のお客様にご注文を受けた。チョン・ユミは、お客様が日本人という事実を悟るゴン日本語で会話を交わした。そうしたところキッチンでは「とても怖い。不思議飛騨」とお客様との会話にときめきを隠さなかった。日本人はチョン・ユミを見て「かわいい」、「女優だ」などが反応を見せて人目を引いた。

団体注文が入ってくるクイック判断でユン・ヨジョンを支援した。フランス人の家族は焼肉ライス、焼肉バーガー、焼肉ヌードルまで5人分の料理を注文した。これ焼肉を2人前と3人前分け炒め状況、チョン・ユミは焼肉バーガー円チーズが入ったらライスとヌードルを先にプレーティングすることを提案した。ユン・ヨジョンは「お前の頭いい。私は頭が動作しないならない」と賞賛を惜しまなかった。

営業が終わった後にユン・ヨジョンに「先生ワイン一杯できますか?」と尋ねた。ユン・ヨジョンのためのレストランにワインを用意してきたこと。ユン・ヨジョンは「ワインがジュースだ」と満足感を示した。アルバイトシングが登場した時も同様。彼はお尻もつけずにキッチンや食卓を行き来した。

だからどうしてきれいないだろうか。ユン・ヨジョンもシングもイ・ソジンも全てチョン・ユミを見て微笑ましく微笑む姿を簡単に見ることができた。「新西遊記」のアン・ジェヒョン、ソン・ミンホ、「三試三食」のナム・ジュヒョク、ユン・ギュンサンなど満点末をてきぱきよく交渉していたナ・ヨンソクPDがもう一つの満点末っ子を作り出した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4932-51ee55da

 | HOME |