韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.03.Mon

「推理の女王 'クォン・サンウ、「「四十春期」本当に私の姿、デビュー以来最も好き "

クォン・サンウ
俳優クォン・サンウが3年ぶりにテレビ劇場に復帰する所感を明らかにした。

KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が3日、ソウル市永登浦区永登タイムスクエアアモリスホールで開かれた。この日の行事には、キム・ジンウPD、クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンが参加した。

「推理の女王」は、クォン・サンウの3年ぶりの復帰作。しかし、彼は自分が引き立つキャラクターではなく、「推理の女王」であるチェ・ガンヒをサポートしてくれる役割である。これに対して彼は「現場で私にくく方が多い。しかし、キャラクターの大きさよりも、その時々私に入ってくる台本が私に面白いとならなければなら演技をすることができる。時期に合わせて、このような作品が入ってきたようだ」と率直に答えた。

続いて「ドラマを久しぶりにするため、当然のことながら、よくなければならないという負担感がありますが、それより全体的な完成度が重要であると考えている。タイトルが「推理の女王」も私楽しく演技することができるキャラクターなら、それよりも良いことがない」と説明した。

また、「デビュー以来こんなに楽しい現場は初めてという気がするほどのエネルギーにあふれ気持ちよく撮影している」とし、楽しい現場の雰囲気を伝えた。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーンソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ)が相乗効果コンビを成し迷宮にバージン事件を解放ながら犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマ。来る5日午後10時初放送。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4938-94cc4fcb

 | HOME |