韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.03.Mon

「推理の女王」チェ・ガンヒ "おばさんと呼ばれた敵NO ...タメ口が嬉しい年齢"

チェ・ガンヒ
チェ・ガンヒが「おばさん」と呼ばれる所感を明らかにした。

3日午後KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン、演出キム・ジンウ、遊泳は、製作Aストーリー)の制作発表会がソウル永登浦タイムスクエアアモリスホールで開かれた。キム・ジンウPD、俳優チェ・ガンヒ、クォン・サンウ、イウォングン、シン・ヒョンビンなどが参加した。

この日チェ・ガンヒは、劇中で「おばさん」と呼ばれるものの考えを述べた。彼は「生きながら「おばさん」という言葉をよく聞いたことはない」とし「ただ駐車場の係員をされる方が「先生」とすることがある。数年前であれば「娘」と言いながらぞんざいな言葉をいただいたのに、今はないよ。最近はタメ口がうれしい」と冗談を言った。

続いて「現場で聞く「おばさん」と音は聞くがよい。クォン・サンウがそれだけ劇中の流れに打たれ、トクソとおいしく呼んくれる。軽快である」とした。

チェ・ガンヒは「最近面白い台本がなかったよ。私は判断力が曇ったことが分かった。ところで友達とこの作品を読んでみた面白いと言っていた」と「推理の女王」を選択した理由を語った。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーンソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルドベテラン刑事ワンスン(クォン・サンウ)が幻の空調パートナーとして生まれ変わり犯罪で傷ついた人々の心まで解きほぐすヒューマン推理ドラマだ。来る4月5日に初放送。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4939-f8d91d28

 | HOME |