韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.05.Wed

ユ・アイン「軍再検査の結果はまだ...心配すること作らない」

ユ・アイン
'シカゴタイプライター」ユ・アインが軍入隊と関連論議について立場を明らかにした。
tvNの新しいグムトドラマ「シカゴタイプライター」(ジン・スワン脚本、キム・チョルギュ演出)製作発表会が5日午後、ソウル江南インペリアルパレスでユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョ、クァク・シヤン、キム・チョルギュPDなどが参加した中で開かれた。
この日ユ・アインは健康上の問題について、「どうしても大変である。多くの部分の配慮をしてくれてジャムモト寝撮影する状況ではない。日常生活は可能である。無理な運動は、問題になる可能性があるため、自制しようと努力している」と述べた。
ユ・アインは2014年、ソウル警察庁広報団に支援したが、当時のふくらんだ陸軍芸能兵士制度廃止と利点論議が重なり、サポートを放棄した。その後2年間、4回にわたり再検査を受け、3次再検査の両方兵役保留判定を受けた。このうち骨腫瘍診断の事実まで知らされて、再び話題を集めた。
これと関連しユ・アインは「涼しく申し上げたい。作品について実例になるか慎重なのに大目に考えてほしい」とし「今年3月15日にはまだ再検査の結果を受けなかった。第ケースが特異な状況である。注目も集まっている。だから慎重に結果を出そうと兵務庁で努力しているようだ」と報じた。
続いてユ・アインは「作品や軍隊か、それは私の選択が絶対ではない」とし「すごい権力者もジャプヒョガヌン状況だ。私は何の力があって不正を犯すのか。痛い視線で眺めてくれ飲ん待ってくれている。心配すること作らないように最善を尽くしたい」と強調した。
一方、「シカゴタイプライター」は、1930年代日帝治下を激しく生きた文人たちが現生のそれぞれスランプに陥ったベストセラー作家、彼の名前の後ろに隠れて代筆してくれる謎のゴーストライター、ミズーリより恐ろしいアンチに生まれ変わりながら広がるファンタジーヒューマンロマンスコメディだ。「明日君と」の後続で来る7日に初放送。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4942-14b4bf7e

 | HOME |