韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.29.Sat

「ユン食堂」ユン・ヨジョンXチョン・ユミ手足てきぱき、もう一度すれ違ったゲストは再び戻ってくる

ユン食堂
パドルボートを借りて行ったお客さんも、シシクヨン焼肉バーガーを味わったお客様も「ユン食堂」に戻ってきた。

4月28日放送されたtvN「ユン食堂」ではシング、ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミの熱血ユン食堂の運営基描かれた。ゲストがあってもなくても、彼らの呼吸はてきぱきだった。

この日もユン食堂円客が絶えなかった。肉が2人分しかない危機的状況があったが、ベジタリアンのお客様のおかげで、その状況を乗り越え祈り。注文した肉が到着した後に焼肉メニューの注文が押し寄せた。チョン・ユミは、ユン・ヨジョンが料理をすぐにできるように材料をどんどん準備しておけ注目を集めても。非常に多くはなかったが、着実にユン食堂を探しのお客様のためにシング、ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミは、午後2時過ぎて昼食を食べなかった。

お客様がすべて残って午後3時、やっとユン食堂家族は営業を終えて昼食の準備に突入した。社長ユン・ヨジョンの選択は、練習を兼ねたチキン。イ・ソジンが1時間前せたピザも、これらのランチになった。ビール杯欠かすことのできないはず。シングは「ビール一杯だからいい」と笑顔を見せた。

次の日、ユンスキーチンスタッフは早く店に記載され、営業のための万全の準備を終えた。しかし、ゲストが来なかった。ユン・ヨジョンは「今日も準備ておい.. "と"なぜ客が来ないのか。昨日は本当に良かった」と悔しさを示した。そうしたところ、冷蔵庫で波を取り出し新メニューの開発に乗り出した。ユン・ヨジョンはパジョンを焼いて、また焙煎情熱を見せた。

ゲストが来なかったユン食堂で、最終的にお客様が訪れた。レモン汁を希望のお客様に「レモンエイドだけある」と回答したイ・ソジンは続いて「オレンジエイドも作ることができる」と営業に突入した。ゲストはオレンジエイドを注文いないが、バナナジュースを注文し、この日ユン食堂の最初のゲストになった。

パリ飛ばしユンレストランで客が一つ二つ入ってき始めた。しかし、この日の午前パドルボートを借りて乗った後、昼食を食べるのた二人の女性客が昼食の時間が終わって行くように来なかった。ところが、定義は生きていた。パドルボートを返却し、「友人らとくる"たこれらの友人四人をより連れユン食堂を訪れた。これは神私チョン・ユミはユン・ヨジョンに「先生、準備をする必要がありするようだ」と予告した。

案の定、これらの合計16個のメニューを注文した。チョン・ユミは、じわじわ書を見て、料理の順序を指摘し、ユン・ヨジョンに「先生、急いてもいない」と安心をさせるまでした。

また、この日うれしい顔がユン食堂を訪れた。2号店オープン後のお客様がなかったためシシクヨンプルコギバーガーを作って客引き行為をしていた家族と会った人物。彼は当時、「ソウルに行ってみた」と気軽にシシクヨンプルコギバーガーを食べるユン・ヨジョンを笑顔作ったバー。ユン食堂を再度訪れた彼の姿が笑顔をもたらした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/4979-114090c2

 | HOME |