韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.05.12.Fri

「ユン食堂」の最後の焼肉は近所の人に「温かい分かち合い」

ユン食堂
「ユン食堂」の最後の焼肉料理はユン食堂の隣人に帰った。

12日午後放送されたtvN芸能プログラム「ユン食堂」では、ユン食堂の最後の営業日が放送された。

ユン・ヨジョンは焼肉を注文した客に近づいて、自分をシェフと紹介した。そして味がどうかと尋ねた。おいしいした。ユン・ヨジョンは喜んで笑った。

ユン・ヨジョンが去った後、客は「シェフを見ると、安心になる」と述べた。ユン・ヨジョンはキッチンに戻って、元の自分にふさわしくなく、あまりにも丁寧に言ったようだ後悔した。

ユン・ヨジョンはゲストのおいしいという話を振り返って「おいしいそう。じゃあ遠慮なく味ないような人がどこある」と謙虚に語った。

団体客の訪問にシングは、一度に10個の注文を受けた。忙しく料理をしていたチョン・ユミとユン・ヨジョンはチキン注文を忘れていた。そんな中、チョン・ユミがスクロールを探るチキンを思い出した。これ遅れユン・ヨジョンが鶏を調理した。

これらの最後のゲストだった。中には韓国人がいた。これイソジンはレモネードをサービスとして提供した。そして彼らに最後の営業日の最後のゲストという言葉を伝えた。

営業を終えたユン食堂のメンバーは、近所の人に感謝の気持ちを伝えた。ユン・ヨジョンとチョン・ユミは、残りの材料で焼肉と餃子を作って、常に明るく挨拶をしてくれた近所のお店に伝えた。ユン・ヨジョンは熱いうちに食べて欲しいとチョン・ユミにすぐに配信くれとお願いした。近所の人たちは、料理をおいしく食べた。

ユン食堂は、ドアを閉めた。ドアを閉めたユンレストランのメンバーは、従業員の食事にビビン麺を作って食べた。

営業終了後に、前日会った韓国人旅行客が到着した。材料がない食事を売ることができなかった。イ・ソジンが餃子が残ったものを覚えてヘネトゴユン・ヨジョンは餃子を作ってお客様に提供した。

ユン食堂のメンバーは、水着を着て海でシュノーケリングを楽しんだ。ユン・ヨジョンは50年ぶりに海水に入ってみると言った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attirter.blog50.fc2.com/tb.php/5003-0a29de7d

 | HOME |