韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

Entries

「ヒョジャドこんな親孝行ないね」... キ・ソンヨン、「光州勝利のアイコン」された理由

キ・ソンヨン
ヒョジャドこの孝子がない。

キ・ソンヨンを残してだ。イングランド・プレミアリーグスウォンジー・シティから5年間活躍し、サッカー国家代表チームの主将も担当しているキ・ソンヨンは去る9日、光州ワールドカップ競技場を探して光州がソウルを相手に3-2で勝利する姿を見守った。最近膝の手術をした彼は盛んにリハビリしている。当初知られているものより傷がひどくないことで知られる中、故郷光州を訪れたのだ。また、「故郷のチーム「光州と「古巣」ソウルの正面対決シーンであった。

事実、彼は光州に降りてきた理由は、父である光州FCキ・ヨンオク団長の一言であった。夏から翌年の春までプレミアリーグで活躍するのにキ・ソンヨンが国内に留まる時間は短い。そうしたら父キ団長は故郷のチームと実家チームが対戦するゲームでキ・ソンヨンを呼んだ。キ団長は「ソンヨンは、光州が故郷であり、FCソウルが実家である」とし「(ソンヨンが)は4000株を持つ光州FCの個人筆頭株主だ。だから故郷のチームと古巣が対戦するゲームを観戦しに来るようにした。膝のリハビリのために国内にいる間に一度降りてこいとした」と背景を説明した。

父一言に降りてきたキ・ソンヨンは、複数の意味で親孝行役を果たした。キ・ソンヨンが見つけた2回の試合で弱いチーム光州がすべて勝利したからである。彼は過去2015年4月期団長が選ばれた煎じ後、5月30日に済州前競技場を訪れた。当時もキ・ソンヨンは膝の手術のためにシーズン2試合を残して、国内で帰国した状況だった。国内に滞在しながら時間が空になると、自然に父が団長に任命された光州ワールドカップ競技場を訪れた。当時Kリーグチャレンジ(2部リーグ)でクラシック(1部リーグ)に昇格した光州は「2015光州夏季ユニバーシアード大会」のために木浦サッカーセンターを本拠地として使用し不振を免れなかった。お茶の間に戻っても力なかった。ところが、キ・ソンヨンが訪れた済州戦を皮切りに、光州が降り3連勝を記録する奇跡が起こった。そして光州は9日、王者ソウルを取った。たとえキ・ソンヨンはこの日、「古巣」の例としてどのようなイベントも参加していなかったが、光州の勝利のオーラを伝播した。

光州がソウルを勝ったのは、2011年4月24日創立初対決で1-0で勝利した後、2268日のぶりのことだった。いろいろ父が率いるチームに勝利のパラながら親孝行役をたっぷりしたわけだ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索