「膝の手術」キ・ソンヨン、25日に出国... 「リハビリに集中 "

キ・ソンヨン
去る6月、膝の手術を受けた韓国サッカー代表チームの「キャプテン」キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)が所属チームに戻ってリハビリに拍車をかける。

キ・ソンヨンのマネージメント社C2グローバルは24日、「キ・ソンヨンが25日午後、仁川(インチョン)空港を通じて英国に出国してスウォンジー・シティの訓練に参加する」とし「所属チーム復帰と膝のリハビリに集中する予定だ」と明らかにした。

キ・ソンヨンは6月のサッカーチームのカタール遠征を終えて韓国に帰ってきた後、痛みが生じた右ひざ検診を受け、膝スルゲ件中が起こっながら生じた炎症を除去する手術をしました。

これまで国内で休んでリハビリ治療を受けたキ・ソンヨンは、新しいシーズンを控え、25日に出国してチーム練習に合流する。ただし、膝の状態が完全ではないリハビリに焦点を当てて訓練することがマネージメント社の説明だ。

スウォンジー・シティは先立って去る3日、球団ホームページを通じて「ミッドフィルダーキ・ソンヨンが膝の手術でプレミアリーグ新シーズン開幕戦に欠場することになった」とし「カタールと2018、ロシアワールドカップ最終予選8戦で膝を痛め韓国で軽い手術を受けた。長期離脱するほどの怪我ではない」と述べた。

キ・ソンヨンは現在、手術部位の縫い目も解いてウエイトトレーニングでリハビリを開始した状態で、来月31日に予定さイランとのワールドカップ最終予選9戦のホームゲーム出場の可能性を高めている。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する