キ・ソンヨンの夏、「負傷と移籍説」

キ・ソンヨン
サッカー代表チームの主将キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)が所属チームに参加のため、英国ロンドンに出国した。

先月14日、2018、ロシアワールドカップアジア最終予選8戦、カタール戦を終えて、国内に入国したか42日目である。

以後キ・ソンヨンは、国内で膝の痛みが原因で検診を受けた。その結果、膝スルゲ件中が空いて炎症が生じ、最終的には手術台に上がった。手術は成功した終わってリハビリに集中して負傷の回復に重点を置いた。

この日キ・ソンヨンは右膝にテーピングをしたまま取材陣の前に立った。松葉杖をジプジないほどだ。

キ・ソンヨンは「膝の手術はうまく終わった。今軽いランニングをすることができるほどだ。思ったより回復速度が速い」と説明した。

シューティせ監督体制で主将を担ってきたキ・ソンヨンの責任感がさらに重くなった。ソン・フンミン(トッテナム)、ク・ジャチョル(アウグスブルク)など海外派選手たちが負傷うめき声する中、本人もひざの負傷で臨時休業状態だ。

シン・テヨン監督は来月31日、ソウルワールドカップ競技場で開かれるイランとの9戦ホーム試合に出る選手選抜のために週末ごとにKリーグの試合が行われるスタジアムを見つける通っている。
海外派の負傷で、すぐにKリーグ所属選手たちに機会になるとの見通しだ。キ・ソンヨンも残ってアジア最終予選2試合で試合に出場できるかも未知数だ。

昨シーズン所属チームスウォンジー・シティで負傷し、主戦競争で押され、印象的な姿を見せてくれなかったキ・ソンヨンは、今回の負傷で、新しいシーズン序盤戦に出るない可能性が高い。ここで負傷チームのプレシーズンに参加していないのに移籍説も少しずつ提起されている状況である。スウォンジー・シティは、新しいシーズンを控えキ・ソンヨンとポジションが重なるミッドフィルダートムキャロルとロケメサを獲得し中原を強化に乗り出している。「ウェールズオンライン」も過去3日(韓国時間)、「スウォンジー・シティがキ・ソンヨンの勧誘のための他のチームの提案を聞く準備ができている。キ・ソンヨンを希望するチームが表示され、交渉に応じる意向がある」と報じた。キ・ソンヨンもこれを意識していた。彼は「まず、体が治るのが重要なようだ。移籍に関しては、1年という時間が残っている。いろいろ考えなければならない部分が多い」と話した。キ・ソンヨンはスウォンジー・シティと1年の契約期間が残った。もし再契約に失敗した場合キ・ソンヨンは、2018年の夏の自由契約選手(FA)の資格を得る。何よりもキ・ソンヨンは、契約期間とは関係なく、体の回復に焦点声を高めたが、状況は簡単ではない。負傷の影響で新しいシーズン序盤コロンが予想される中、所属チームで確実なレギュラーの座を横取り占めず揺れるなら、これはシン・テヨン号にも悪材料として作用見通しだ。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する