韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.05.19.Fri

「ユン食堂」ユン・ヨジョン "人気の要因?お客様のおかげ」

ユン食堂
俳優ユン・ヨジョンが 'ユンレストラン」の人気の要因について言及した。

19日午後、最後に放送されたtvN「ユン食堂」では、ソウルで再会した4人部屋姿が描かれた。

ユン・ヨジョンは「これなぜ人気があるのか​​」と三人に尋ねた。イソジンは「先生に感情移入をすることだ」と語った。

これユン・ヨジョンは「私は興味深いのは、その人が楽しいイトオトダ」と「お客様のおかげである。その外国人が本当にきれいだった。声も本当にきれいだった」と言ったの後ろに同じように真似た。
2017.05.13.Sat

「ユン食堂」ユン社長様、シーズン2を切に望み

ユン食堂
'ユン食堂」のシーズン2を果たして見ることができるか。

12日放送されたtvN「ユン食堂」では、社長ユン・ヨジョンから常務イ・ソジン、補助チョン・ユミ、アルバイトシングまで絶えずゲストを迎え、最後の営業を盛況裡に終えた。特にこの日の最後の客だった韓国人を含む、シンガポール宿泊客は、ユン食堂の最高売上を上げてくれた。

当初ユン・ヨジョンは、バリと呼ばれる国でレストランを調え、料理を直接しなければならないという製作陣の話を聞いたとき、果たしてこなせるか疑問を抱いた。しかし、彼はユン食堂の社長という責任感一つ暑い天気にも汗を流してキッチンを守った。彼の指先で焼肉ライス、焼肉ヌードル、プルコギバーガー、ポップ餃子、チキン、エッグラーメンなどが誕生した。

また、チョン・ユミは、シェフユン・ヨジョンの横からまっすぐ折れる補助の役割をこなすと「ユムブリ」というニックネームを得た。イ・ソジンも担当だった飲み物を作るとおもてなしを完全にヘネトゴ、アルバイトで登場したシングまた働く中に立ってホールを守り黙々と第行うことを尽くした。

このように、ユン食堂家族はそれぞれの場所で引き受けた最善を尽くし、様々な国で訪れたお客様の味覚と心を捕らえた。彼らは、国内だけでなく、他の国でも有名人になったほど。

イ・ソジンはユン食堂シーズン2の可能性について、「二番目のシーズンは分からない。そのかどうかは、この方かかっている」と話しユンヨジョンの顔色を調べた。次に、ユン・ヨジョンの本音はどうだろうか。

ユン・ヨジョンはユン食堂のドアを閉じた「さっぱりというよりも、人生がそのようなことだ。少し惜しい。少しだけよくできたのに..一日よりたら完全にすることができたのにと思っていた」と悔しさを露呈と同時にシーズン2の可能性を開いて置くべきことを示唆した。

去る3月24日に初放送された「ユン食堂」は、バリの美しい景色と、各国の人々の姿を塀た自然の美しさ、そして人生の余裕を振り返ってみることした。約2ヶ月という時間の間ヒーリングをプレゼントした「ユン食堂」。視聴者は「ユン食堂」がシーズン2に戻って開業したい懇願する。
2017.05.12.Fri

「ユン食堂」営業終了、ユン・ヨジョンが書いた美しいドラマ

ユン食堂
'ユン食堂」落ち着いて美しい最後の営業日が公開ドェᆺダ。

12日放送されたtvN「ユン食堂」では、ユン食堂の最後の営業日が公開された。

最後営業日であるだけユン食堂のメンバーたちの手足は着々迎え入った。飲料を作るイ・ソジンと注文を受けるシング、食品を作るユン・ヨジョンチョン・ユミの役割分担は、完璧だった。注文が入る過程も滑らかだった。

自然客も増えていった。空席なしにまっすぐ客が入ってキック始めたユン食堂のメンバーも一緒に忙しくなった。その過程でユン・ヨジョン、チョン・ユミは、大量の食べ物も問題なく作り出して目を引いた。

お客様の反応も好評一色だった。スウェーデンの宿泊客は、焼肉ヌードルを食べて "香りよい。シチューのようでおいしい」と満足感を表わした。ユン・ヨジョンもスウェーデンのお客様に味を聞いて好評を聞いた後、幸せだった。

最初の予約のお客様も登場した。韓国とシンガポールなど7人で構成された多国籍のお客様は、チキン、ラーメン、ヌードル、ライス、チヂミ、お酒、飲み物を大挙注文し期待を集めた。「ユン食堂」のメンバーたちも注文が押し寄せる中でも、落ち着いて応対した。

短い時間運営された「ユン食堂」だったが、目に見えて上達したメンバーたちの姿が目を引いた。特にユン・ヨジョンは放送序盤右往左往していたユン社長から脱して、まるで一流シェフを連想する老練を披露楽しさと感心を加えた。自然売り上げも過去最高を記録した。

「ユン食堂」のメンバーたちは、これまで自分たちにあいさつをかけネトドン店周辺の商人たちに食べ物を伝え感謝の気持ちを伝えた。

ユン・ヨジョンは「一本のドラマに出演した気分だ。作家が書いたドラマではなく、私たちが書いた。お互いに少しずつ配慮しながら近く来てくれたこと。それが真の良かったようだ。本当に美しかった」と所感を明らかにした。
2017.05.12.Fri

シャッター下ろした「ユン食堂」イ・ソジンが直接話すシーズン2

ユン食堂
「一日だけよりたら。より完全たら」

「ユン食堂」営業終了のメインシェフユン・ヨジョンの感想。12日tvN「ユン食堂」が営業終了を迎えた。

ランチ営業が終了され、「ユン食堂」のシャッターが閉じた。チョン・ユミは、正でもレストランを去って「率直に言って、数日した「明日の朝にまた行かなくちゃ」このような考えが出入りたい。現実感がないとすべきか。続けてもなりそうで」と物足りなさを打ち明けた。

ユン・ヨジョンも「さっぱりというよりは、人生がそのようなことだ。少し残念な何か。もっと良いことができたのに。一日だけよりたら。より完全たら」という所感を明らかにした。

この日のスタッフは、ビーチの近くのレストランで、美しい夕日を背景に夕食をした。

レストランの外でもチョン・ユミの心配は光った。木製の椅子に腰が倍ギルカユン・ヨジョンとシングのためにスカーフを用意してきたのだ。チョン・ユミは「寒いと話してくれ」と頼んすること心根を誇った。

ユン・ヨジョンは夕日を見ながら鑑賞に浸った。彼女は「夕焼け質時嫌いだ。必ず泣くなりそうだ。一人でいる時は泣いたことも多い。やめ泣いちゃった。とても美しくて悲しい。私は年齢を台無しにより」と複雑な心境を打ち明けた。

一週間の営業でイ・ソジンの体力も限界を迎えた後だった。イソジンは「焼酎が書いたつもりみる今日酒がない受ける。疲れている」と初めての疲れを吐き出した。ユン・ヨジョンがとれそうだとガードル者シングは「今日終わった取るとどうですか?」と笑った。

食事中に嬉しい人が挨拶をした。ユン食堂で会った大切な縁、まさに外国人客である。これらの新しいユン食堂で聞くイ・ソジンは「シーズン2は分からない」とナ・ヨンソクPDとユン・ヨジョンに選択を延期した。
2017.05.12.Fri

「ユン食堂」ユン・ヨジョン、営業終了所感「一日よりたならば "

ユン食堂
'ユン食堂」ユン・ヨジョンが営業終了所感を明らかにした。

12日放送されたtvN「ユン食堂」では、ユン食堂の最後の営業日が公開された。

この日の放送を最後に「ユン食堂」は、ドアを閉めた。最高の売上高は、最初の予約のお客様、職人的な取り組みが光を放った一日であった。

これユン・ヨジョンは「さっぱりしたというより、人生というのがあるそのようなことだ。少し残念なこと?一日よりたら完璧にすることができたのにという気持ちがする」と営業終了所感を明らかにした。

またユン・ヨジョンは「ユン食堂」家族とサンセットポイントから夕焼けを眺めながら最後を記念した。ユン・ヨジョンは「夕焼けを見ると、涙が出てくるようだ。一人で泣いたことも多い。しは床再び出ますが、人生はば再び来ない。とても悲しい」と話した。

« NEW  | HOME |  OLD »