「ファンとの対話」キ・ソンヨン⑤ "イ・チョンヨンはメンタル強い友人、仕事を得ること」

2018.02.06 21:41|ハン・ヘジン
キ・ソンヨン
「フェイスブックライブか?リアルタイムで直接接続されているんですか?初めてみた... "

スポテレビニュースがスウォンジー・シティ訓練場を訪問した2月1日。国家代表チームの主張キ・ソンヨンとの出会いで、重い会話だけで割ったものではない。真剣な話を終えた後、キ・ソンヨンは韓国のファンとリアルタイムフェイスブックライブトークのために時間を渡した。最近の数サッカースターたちがFacebookやインスタグラムを介してファンと直接コミュニケーションを開始したが、キ・ソンヨンは今回が初めての経験だとした。

慎ましくファンとリアルタイム映像会話に会ったキ・ソンヨンは数分で数千が押し寄せる様子に驚いた。降り注ぐ質問と対話にも答えなかった。その中でも、キ・ソンヨンは、自分の目を引いた質問に笑って答えた。韓国にあまりにもプレミアリーグのビッグクラブを応援するファンが多く、スウォンジー・シティとの契約期間満了を控えてラブコールを送るメッセージが最も多かった。

「アーセナルの坂桁に来てください!」

キ・ソンヨンは謙虚に返事した。「アーセナルは私にあまりにも大きなチームです。幼い頃アーセナル本当に好きでした。」スポテレビニュースとのインタビューをしながらスティーブン・ジェラードの愛情を明らかにしたキ・ソンヨンは、インタビューを進行した時点でプレミアリーグでリバプールとアーセナルは相次いで敗北したところだった。「奇跡です」キ・ソンヨンは短く言って笑った。

会話が続き、緊張が解けてキ・ソンヨンも少しずつ楽になった。"レアルマドリードでと違い"はメッセージに「バルセロナをより好む」とした。アーセナルと同様にパスプレイを目指すチームのキ・ソンヨンの好みは明らかだった。記者が横から「それではレアルが呼んでも行っていないのか」と尋ねると、「ジャンプガヤジョ」とひとしきり笑った。

インタビューを進行した日出場機会を増やすためにボルトンにレンタル移籍を進めていたイ・チョンヨンが、クリスタルパレスウィンガーばかりサコの負傷で交渉決裂通知を受けた。イ・チョンヨンはキ・ソンヨンとFCソウルで一緒に成長した親友。ファンの懸念にキ・ソンヨンは「イ・チョンヨン選手は心配しなくてされます。メンタルが強い友達なので、前上手だと思います」と信頼を送った。
キ・ソンヨン
Kリーグのビッグイシューであるデヤンの水原三星移籍についての質問も抜けなかった。FCソウルを代表していた選手であるキ・ソンヨンはデヤンと走ってスーパーマッチの勝利を導いたことがある。キ・ソンヨンは「衝撃だった」とし「デヤン選手ラング打っので、ご連絡を頻繁にはありませなくても驚かせた。水源に行くことができるか... 」との言葉を濁した。

水原のファンがキ・ソンヨンも来いしよう」は容易ではないようだ」と答えたキ・ソンヨンは「Kリーグで良い問題となって多くの関心を受けているようだ」と肯定的な側解釈した。これからKリーグをたくさん愛してくれという要請も忘れなかった。

プレミアリーグのビッグクラブへの関心が主に成し遂げよう」スワン地図ちょっと応援して下さい」と最後のメッセージを残した。「プレミアリーグ残留のために多くの応援お願いします。ワールドカップを準備する代表もたくさん応援してください。私も皆さんを応援します。」スポテレビニュースと会ったキ・ソンヨンは最後まで韓国サッカーの「キャプテン」らしかった。

テーマ:韓国メディア情報
ジャンル:テレビ・ラジオ

「選手」キ・ソンヨン④挑戦:「最後の全盛期3年、成長できるチームに行きたい

2018.02.06 21:36|ハン・ヘジン
キ・ソンヨン
カルロス・カル若々しくスウォンジー・シティ監督は「プレミアリーグ残留とキ・ソンヨン再契約」を今シーズンの目標としていたが、電子よりも後者が難しいミッションである。スウォンジー・シティのレジェンドとして位置づけたキ・ソンヨンが、2018年夏に新しいチームを探して離れリラン実際には、もはや秘密ではない。

これまでキ・ソンヨンを望んでいた、接続されたビッグクラブが少なくない。プレミアリーグとワールドカップで技量を検証された「アジアのベッカム」を迎え入れリストにあげたチームでアーセナル、リバプール、チェルシー、ユベントス、アトレティコ・マドリードなどが言及された。チェルシーとユベントスは、具体的な提案も行き来したことが分かった。

キ・ソンヨンは2018年6月スウォンジー・シティとの契約が満了し、再契約を進めていない。選手のキャリアの飛躍のための数回のチャンスが移籍交渉過程に霧散され挫折を経験したキ・ソンヨンは、自由の身で、自分が主導権を握って、新しいチームを探している。

韓国年齢で三十。満29歳のキ・ソンヨンは絶頂の技量に送ることができる、今後3年を最高の舞台で活躍したいとした。スウォンジー・シティで韓国人プレミアリーグ最多出場記録を樹立したキ・ソンヨンが夢見る次のステップは、そのヒントを聞いた。
- 今すべての試合が韓国人プレミアリーグの歴史です。韓国代表という責任感もあるはずなのに、残りのシーズンどんな内容を見せたいですか?
私はどこまで行くかは分からないが、そう長くプレミアリーグでプレーすることができることを期待をしませんでした。どのようにしてみるとこのように多くの試合を要するなった。その背後にある韓国選手やアジアの選手がプレミアリーグでどのようにするか分からないが、誇らしい記録を立てたようです。

シーズン終了まではチームが残留をするのが最大の目標です。今のように選手たちが一つになれば、やり遂げることができると思います。私が見るには、スワン地降格圏から迷うクオリティよりも少し高いチームだと思います。第チームなのではなく、良い選手がたくさんいます。そんな点がグラウンドの中でよく表示されていないのに、カルスポーティ監督が来らから選手たちも多くの自信を見つけたと思う。

トッテナム試合から離れて、私たちがされた試合がないので、そのような証拠をよく続い行っシーズンの終わりまでよくしたい。所属チームで競技力がワールドカップまで続いているので、残りの3ヶ月間のチームで継続的に良い競技力を見せてくれるのが重要だと思います。

- プレミアリーグは、迅速かつ経リーグでしょう。6年の時間を経てどのように適応した発展ましたか?
スウォンジー、サンダーランド両チームのいくつかの監督を会って、様々なサッカースタイルを学んだと思います。事実プレミアリーグで試合するのは本当に難しい。100%、120%を毎試合チャネリングし、訓練するときのチームと競争しなければならため、難しい面がたくさんありました。個人的には体力的な面はもちろん、サッカー外的問題でも多くを学んだと思います。試合をトィドゥンない走る外でも多くを学ぶことだし。そんなもの私を少しずつ発展させたと思います。

- カル若々しく監督就任以来、効果は?
監督が来らから賞金メンタリティが良くなったようだが、監督が積極的でありながら、ユーモアもござい分で、戦術的にも几帳面な方です。そんなことを通じてたくさん学んでいるようで、私は今すぐだけでなく、今後もサッカー人生後もかなり役立つ、良い監督に会ったと思います。役立つ多くなると思います。

- 最近のヨーロッパで活動している韓国選手がかなり古典たし、出場機会も減り、韓国に帰って祈ることなどのことが多かった。代表チームの競技力論議もそのころ出てきたんです。欧州組の古典は、欧州リーグのレベルアップのためでしょうか?それとも他の外部要因があると見ることができますか?
私が初めて来たときよりも、当然プレミアリーグのレベルは、はるかに多くの上がったと思います。私や(この)青龍がは年齢もある程度食べ、実際に今の代表チームを行ったり来たりしながら、選手たちが多くのエネルギーを消費してみると困難を経験した面もあります。

もちろん実力的な問題も私達が押されることができる内容があることがよ。プレミアリーグはたくさんのお金を送るので、私達より良い選手をどんどん買ってきていて、その選手との競争はより激しくなるだろうね。プレミアリーグは今後も継続レベルが上がると考えて、韓国選手がこれからもっと発展しなければ、世界的な舞台で良い技量を広げることができると思います。

- ソウルやセルティックは優勝を狙うチームだったでしょう。スウォンジー入団当初は突風のチームだったリーグカップ優勝もしたが、最近では生存が絶望的な位置にあります。このようなチームの雰囲気が競技力や心理に及ぼす影響が少なくないと思います。
どうしても降格圏にいると、いくつかの制限これよいです。チームもそうですし、積極的にではなく試合をしてはならので、監督も守備に重きを置いたゲームをすることになりません。かつては積極的に多く上がり、多くの自由を受け取った場合、これは守備的にしながら、チームを支えてくれるの任務をしています。ゴールや攻撃ポイントのような場合には、私は上げる容易ではない状況であり。

チームが降格圏にいると、自信を持ってや雰囲気に乗るので、私には良い経験であると思います。今は降格圏での競争をしているが、これ続いて第サッカー人生の最後まで持続されるのではないだろうと思います。このような経験が、後私に非常に有用になるでしょう。大変機が、約チームにはどのように試合べきか、多くの研究をするようになりました。

- 会社員であれ、選手も、進路選択をするときに最初にどこに行くのかが重要です。キ・ソンヨン選手は本来のパスプレイをよく、技術的な選手とスコットランドセルティックを欧州進出の最初のチームに選択したとき不思議したんです?
その時は、ヨーロッパにも出たかったので、実際にケルトというチームについて多くの情報はありませんでした。スコットランドがどんな所にもよく知らなかった。欧州に出られる機会が多分再度来るかという気がしていた。セルティックは今も出ますが、当時UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグにも出ていて、ある程度は、私によって行くには良いクラブだと思いをしましたよ。一度ぶつかってみようという考えで得られた。

- 実際には見た後に後悔していないのですか?
最初はどうしても冬の移籍市場できたため、そのチームの成績も少しなら良かった。私の機会を多くなかっ受けました。ワールドカップ出る前だったため、試合のなかっ出て気苦労を見ました。それでもW杯を成功さで、その後に桁をよくつかむことができました。後悔というよりは物足りなさがちょっとのです。どうしても試合に多くなかっ出て行ったから。第競技力を100%だ見せてくれなかった物足りなさがあったし、。ところで何ぶつかること、どうせ早くぶつかっが私には助けになったと考えています。

-90%以上の高いパス成功率を記録してきたが、積極的なプレーは減る祈ったようです。
実際に私アーセナル、マンチェスター・シティや、このようなチームであった場合は、より攻撃的な面では、さっき言ったように多くの占めることができると思います。今、私たちは、降格圏にいる状況であり、ゴールを入れるよりも、ゴールを守るのが私たちに重要な問題であるので、私は攻撃的に行くことができるチャンスを一度でもより安定感に送ってくれるのが任務だと思います。無理にパスに一度のチャンスを奉献することはなく、私たちが作って行くことができることをつなげてくれるのが、第行うことなので、チームに基づいてそのような内容が多く変わると思います。

- スウォンジー・シティで長くあった。前述したように、チームの状況に個人的なプレイでも制限があり、発展に物足りなさもあると思います。今契約が反残ったが、今後どのような計画を持っていますか?
難しいと思います。移籍というのは、私に行きたいと行くことができるわけではないので。かつて私は、夏にはフリーエージェント(FA)に解けため選択肢が広がると思います。私も年齢が満29歳であるため、導電に限界があると思います。そこで今回は、重要な移籍になるようだし。それどこかは、シーズンが終わってなくてわからないが、多可能性を開いておいて、私より成長できる場所に行きたい。

サッカー選手は引退するまでに成長しなければならので、私に成長できる場所に行こうと努力を多く必要とんです。一度はワールドカップに焦点を当てているので、スウォンジーで継続的に試合に出て良い試合内容を示すのが最初の目標です。その以降私もサッカー人生で、再び選択をするタイミングが来るので、よく考えをして、私は成長することができる場所に行くの目標です。

- もう一度発展することができる移動をしたい場合は、いくつかの面でより発展したいですか?
いくつかのチームが私に提案をして、どんなふうに仕事が進められるのかわからないが、一応は私に若い年齢ではないでしょう。私の推測では私の物理的な能力を見たとき、今後2年から3年と考えますね。そう思ったので、今回の移籍を最も大切にしています。どのように見ると、最後に、私に挑戦することができる機会だと思ったりもしています。

サッカー的な面では、英国がされるか、スペインになるか、どこかわからない私のスタイルを希望するチームに行きたい。毎週私より優れた選手たちを相手にして準備して学び、このようなことが、この私は発展する側面だと思いますね。欧州のビッグリーグでの機会が来れば、ビッグリーグで引き続きプレーたいそう2〜3年程度過ごしたい。そうすれば私も今降り時になると思うし。これから残りの2〜3年の間に、第サッカーの最後の全盛期を送ることができるチームをよく決定しますよ。また、家族にも重要であるため、家族が幸せにできる場所に決定しますよ。

- ビッグクラブへの進出に対する意志は?
もし機会が訪れたならば、当然挑戦したい気持ちがあるが、それは私の手に付いたのではなく。移籍ってどうなるのかわからないので、一度私に来るオプションをよく考えなければならない。どのチームが来るかわからないような問題は、これから私がシーズンの終わりに、さらにワールドカップでどのようにするかによって左右されるようです。

テーマ:韓国メディア情報
ジャンル:テレビ・ラジオ

「ソンコクつかん」台本リーディング捕捉、ハン・ヘジン、ユン・サンヒョン、ユ・イニョン呼吸どうだったか

2018.02.06 09:17|ハン・ヘジン
ハン・へジン
ハン・へジン

これら長々 4時間の間、実戦を彷彿とさせる台本リーディングを導いた。本格的な台本リーディングに先立ち、停止の監督は「このように良い俳優の方々と一緒にすることになって気持ちがいい。偉大な作家先生と一緒に作業することができて光栄であり、台本もよく抜いてくださる信じる。製作陣と俳優の両方大きな事故なく安全で楽しく撮影して欲しい」と感想を伝えた。続いて「手をぎゅっと握って'を通じて、4年ぶりにテレビ劇場に復帰したハン・ヘジンは「久しぶりに演技をすることになってときめく。それだけ熱心によくみようにする」と抱負を明らかにした。ユン・サンヒョンも「楽しい撮影現場になるように努力する」と愉快な覚悟を固めた。

台本リーディングが始まると、俳優たちは各自のキャラクターに没頭して、本撮影を彷彿とさせる熱演を広げた。お互いの目を見て呼吸を合わせながら情熱的な演技をしたこれら4時間以上の長い台本リーディングにもかかわらず、密度の高い没入度が作り出して現場を開く熱くした。人生の終わりで、新しい愛を見つけるにした「ナム・ヒョンジュ役のハン・ヘジンは瞬間変化するキャラクターの感情線を様々な表情と目つき、声のトーンに生かす繊細な演技で没入感を加えた。徐々に感情を盛り上げせ極を導くハン・ヘジンの演技に現場にいたすべての俳優と製作陣さえ息を殺して見守ったという後日談。

ユン・サンヒョンは、突然離婚を宣言した妻と10年ぶりに突然現れた初恋の間でギリギリの綱渡りし混乱に陥る」キム・ドヨン」役を演じ、特有の自然な生活演技を披露し、暖かい魅力を惜しみなく表わした。特に、彼は雰囲気がややもすると重くなるたびに愉快な冗談を投げ、現場に笑いと活気をよりし台本リーディングをスムーズに導いていった。

ハン・ヘジンとユン・サンヒョンの間で葛藤の中心になり、緊張感を高める予定の「シン・ダへ役のユ・イニョンは特色のある演技力を誇って作品に対する期待感を高め、脳腫瘍三人であり、ナム・ヒョンジュの主治医である「チャン・ソクチュン役のキム・テフンもワーカホリックカリスマ医師役を完全に消化し、今まで見られなかった彼の新しい変身を予告した。

「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」は、生の最後の瞬間を合わせた女性のきらびやかな最後の愛を描いたメロドラマで、3月中旬に初放送を控えている。

テーマ:韓国メディア情報
ジャンル:テレビ・ラジオ

「人間」キ・ソンヨン③生活:「ヨーロッパの生活10年、サッカーや家族に、より集中した」

2018.02.06 09:12|ハン・ヘジン
ハン・へジン キ・ソンヨン
イギリス南西部に位置するウェールズの都市スウォンジー。都市の規模に合わせて2万人を収容するスウォンジー・シティのお茶の間リバティスタジアムは試合が行われる日の熱い歓声でいっぱいだ。しかし、競技場の外ゆ閑静で静かである。スワン地熱くなる日は試合が行われる日だけ。アーセナルとの試合で奇跡のような勝利を収めた後、、キ・ソンヨンとのインタビューのためにもう一度スワンか訪れた。

ロンドンから車で4時間近く運転して到着したスウォンジー訓練場は。市の中心部を通ってかなり深くまで入ると、本当に、ここに訓練場があるのだろうかという疑問がら頃目立たない標識を満たすことができる。しばらく待って訪問したスウォンジーのに漠然とした。家族も、友人も落ちて、なんと6年の時間を過ごしたキ・ソンヨンの人生はどうだったのだろうか?

幼年期をオーストラリアで過ごしたキ・ソンヨンは、人生の半分近くを海外で過ごした。2006年FCソウルに入団したキ・ソンヨンに本格的に出場機会が与えられたのは2007年シーズン。実際Kリーグで3シーズンの間活躍を見せた後、2010年にスコットランドセルティック移籍で、欧州の舞台に進出した。セルティックで3シーズンを過ごしたキ・ソンヨンは、2012年スウォンジー・シティー入団にプレミアリーグの舞台に進出しており、いつのまにか6年が過ぎた。

キ・ソンヨンはプロとしてのキャリアも韓国よりヨーロッパで過ごした時間がはるかに長い。サッカー選手の人生な同時に移民の生活を生きてきたキ・ソンヨンのサッカー場の外の生活の話を聞いた。退屈して孤独はなかったのか?かなり多くの外国人選手が苦労するというホームシックに悩まされていたときは、なかったのか?キ・ソンヨンはそのような質問が無色に快適な顔で「よく過ごしている」とした。
- 訓練場の長さを見つける難しかった。人里離れたところに別に離れていると思います。フェンし。スウォンジー初めて来た日を今まで覚えてますか。事実を見て絶望的したような気もですけど?
最初はまず、このようにトレーニング球場がありませんでしたし。ここ以外に他の場所で開始をしましたね。ここれたかが間もなくなりました。今、2年半、3年ほどされたようだが... 最初は劣悪ました。ここより。ところが、今はプレミアリーグで中継権料収入などたくさんのお金を稼ぐ開始し増築もしたし。あるかけるもあるので、訓練する上で、試合の準備にあっては選手粒子でも楽。最初に来た時は、この程度まではなかったが、今多くの発展でしょう。

- 見回すとスウォンジー静かな地区であり、口径が場所やアトラクションも多くないと思います。事実、家族と離れて過ごす時間もあるでしょう。これまで個人的な時間はどのように送信来たの?
私だけでなく、ヨーロッパの選手たちを見ると、通常午前中に訓練をするため、午後には時間が続きます。特にここでは、出てそんなたくさんないようだし。家で多くの時間を送り。家族といる時は家族とほとんどの時間を過ごしている。

一人でいるときは料理も私が必要と長も見て、サッカーも見ている。そうすれば、時間が一日がすぐです。ちょっと退屈かもしれないが、単独でこのように送信したのは、韓国とは違っ完全他の生命であると思います。関係とか、韓国ではなく、会う人が多くなくするから一人で過ごす時間が多いようです。

- 職業人としてのサッカー選手だから、相手チームの分析や成長のためにも、他のチームや他のリーグの京畿道たくさん見る方か?それとも休む時は、最初からサッカーとは距離を置くほうですか?
私はサッカーを見ることが好きです。TVであまりにもサッカーをたくさんしてから。自然の時間も残り、試合を見多く見ハングします。TVでくれる試合はビクチムたちを中心に試合をたくさんしてから、そのチームを見て多くのことを学ぼうとして。事実このようにサッカーをたくさん見るのは、多くの時間をナムウニカ。それが主な理由かないかそう思っています。(笑)

- サッカー外的に、他の趣味もありますか?
いいえ。私は趣味がないよ。他の友人の話を聞いてみると、ゴルフも打って多く言っていた。私は家の外に出て、特にそうしないと思います。一度、家族がいるときは、娘とよくなるまでの時間を費やして、一緒に遊んでくれて、買い物に行き。一日に一回は必ず連れ出したんですよ。娘しているときは、忙しい。お風呂も私なければなり。妻がご飯やらは多準備が、娘と多くの時間を送り。一人でいるときは本を読んだり、聖書も読んで、料理もたまにヘモクゴ。夕方になると、サッカーちょっと見て。そうするうちに眠りに落ちる準備し。そんな日常的なようです。

- 料理もお楽しみましたか?様々な料理を学んでみ?
いいえ。様々なことではないんです。(笑)まあ、特に料理は上手ではではなくて。事実、ここ韓国より材料のようなもの多くないので、最も簡単な肉とか魚とか、韓国でよく食べるチゲとか、このようなものは、大きな枠組みの中で私ができるだろをこしらえて食べるんです。たまには外に出て外食もして。特に料理をよくすることが一人で生活してからかなりなったので、私はある程度はすると思います。

- 韓国が欠場時も多かったと思います。ヨーロッパ進出の選手の中には、ホームシックに悩まされている場合も少なくない一番大変だった時があった場合?
多かった。韓国ではなく、アジアの側に戻りたいと思いもたくさんしましたね。生活というものよりは、サッカー的な部分では、試合にちょっとない出た時の悩みをたくさんしましたね。人なのに、なぜ苦労がありませんでしつもり。だから悩みをしましたが、それでも最後までここに固執者の心がより大きかったと思います。そんな困難な時期にも、特に周囲からワイプや家族や上をたくさんしてくれたよ。その力を得て、今までやってきたようです。序盤に大変だった時間がありました。最初に出てきた時が一番難しかったと思います。
キ・ソンヨン
韓国を代表する気持ちで試合するとしたが、実際にどのように見れば、外を見るには漠然とした感じであることと思います。どうしても周りに韓国人がいない生活を生きているとそんなことが感じられるのですか?
過去の先輩たちもそうだった、ここで私は良い姿を見せなければなら下にある後輩たちも来ることができる機会が開かれることじゃない。ここでもし私が競技場の中でも外でも良い行動や良い競技力を見せなければ、ここの人々にアジア人ははねるしかないので、判断になるしかないんですよ。そのような部分をすべて考慮すると、責任感が与えられるのが当然でしょう。韓国選手たちがこれから英国舞台に多く進出してもいい姿を見せなければならため、私も、既存の選手として最後まで最善を尽くすのが責任であり、目標であると思います。

- 実際に今9シーズンをヨーロッパで過ごし、やがて10年を満たすされます。FCソウルで過ごした時間の3倍近くにヨーロッパで送ってくれた。移民の生活で個人を戻ってみると?
韓国でも生活はピョンハジョ。人々が私をよく調べてみることができず。外国生活は自分がだけとなるんですよ。特に横から誰気もないし。私のような場合、韓国に行けば会わなければならない人も多く、会おうという人も多いが、そのような関係がここ無いからね。ここでサッカーや家族だけに集中すればいい。韓国はそのような雰囲気を作るのは容易ではありません。

私はTVをよく安保方だ、ここでもサッカー以外にTVを見る時間もないし、サッカーや家族だけに集中になっているようです。だからジョハンテン合うと思います。何人かは、退屈することができ、友達と遊ぶこと好きな友人や、趣味がある友人は、ここに住んでいるのがちょっと難しいかもよ。もちろん私は時々難しい時ものです。食べたいだろ食べられない時は、韓国が懐かしくもが、生活的な部分には言葉も通じてだから楽だと思う。

- このような面は、子供が生まれ、最もになって生じた変化はありますか?それとも元のも一人静かに過ごすの性格でしたか?
もちろん、友達と遊ぶこと好きだったそうまでそうではなく、と思います。休暇時友達と遊びに通い、その程度だった。元の家にあるのが好きし、結婚しては当然家族といるのでよし。特に私の結婚前の趣味というのがなかったようです。ゴルフもほとんど親和たこともなく。教会も行って、信仰生活をしているから。それは私に合うと思います。( - 家族はよく一緒に来てやっていく方ですか?)ほとんどここで過ごして、妻が仕事をしなければなら時期が来れば時々離れて過ごすのにほとんど私とのように過ごしています。
- すでにプレミアリーグでのみ6年間プレーし、韓国人最多出場選手となった。それでも他郷暮らしと容易ではない課題であろうと思います。
これまで良い思い出もたくさんあったのに苦労もあったが、あきらめなかったのが、私には今まで来ることができだったきっかけだったと思います。途中でいくつかの困難な状況も多くあったが、最後まで生き残るために多くの努力をしたし、そうしてみるいつのまにか6年という時間が過ぎ去っていますね。私考えたときは、まだこのリーグで持ちこたえることができるという考えを持っているので、ずっと挑戦をしてみたい。どこまで行くかは分からないが、最後まで最善を尽くして、韓国選手としてここに代表して出ているので、韓国人としての良い姿を見せるのが、私しなければなら一人だと思う。

テーマ:韓国メディア情報
ジャンル:テレビ・ラジオ

「MF」キ・ソンヨン①サッカー哲学:「意味のないパスでボールを失ってしまう嫌い」

2018.02.05 20:34|ハン・ヘジン
キ・ソンヨン
サッカーの試合での統計数値は、解釈が従わなければまともにその価値を表現していない。キ・ソンヨン(29)の能力を説明する際に、最も頻繁に使われる統計情報は、パス成功率。毎シーズン90%下に下がらない。得点とアシストは多くないが、安定的にボールを管理して配給し、試合の道を作ることがキ・ソンヨンの役割である。

試合のハイライトは、通常ゴール付近のプレーに集中しているために、最近はサッカーの戦術への関心が高まり、ビルドアップの起点段階を主な任務とする選手たちに対する評価もよく行われている。以前にMFは所在地に基づいて攻撃型と守備、側に分かれたが、今のDFの前でボールを受けて運搬するビルドアップミッドフィルダーという表現も生まれた。

韓国では、このようなビルドアップミッドフィルダーが多くない。世界的にも景気の中心をつかむことができるビルドアップミッドフィルダーが多くない。キ・ソンヨンのパス成功率(90.7%)は、26ラウンドまで進んだ2017-18プレミアリーグで全8位に該当する。8位以内に入った選手の中で6人のDF。安全なパスの割合が多く守備を除けば、パス成功率はプレミアリーグミッドフィルダーで2番目に高い。キ・ソンヨンのパスの安定性は、世界最高の選手たちが集まったプレミアリーグでも独歩的なレベルである。

腕が内側曲げ書ではなく、イギリス南部、ウェールズスウォンジー現地でキ・ソンヨンが持つ存在感は大きい。移籍市場最終日ウェストハム・ユナイテッドがキ・ソンヨンを望ん報道が出ると「彼離れるあらオマハン打撃」と現地のファンと記者たちが口をそろえた。1日アーセナルを下した日、決定的なゴールを決めたミッドフィルダーサムクルーカスは「キ・ソンヨンのようになりたい」と抱負を明らかにした。

最近、韓国サッカーの話題もビルドアップである。Kリーグのチームは、冬季訓練地でビルドアップ能力を滑らかに多くの力を入れており、国家代表チームも後ろから試合を作るために努力している。この過程で、副作用もあった。ボールの処理が不自然むしろ背後安定感が低下し、降り立った相手を攻略する状況の中、創造性が不足している。キ・ソンヨンがない状況では、より大きな問題が発生した。
スウォンジー訓練場でスポテレビニュースと会ったキ・ソンヨンは「それにもかかわらず「韓国サッカーが後方ビルドアップを追求し、目指すべきだと強調した。キ・ソンヨンはサッカーの試合を話す時、「確率のゲーム」という表現をよくする。ボールを長く持っている必要があり勝つ確率が高くなるという、サッカー、純粋主義者の主張にキ・ソンヨンも同調する方だ。

ある者は執拗なビルドアップの非効率だと指摘している。一部では、キ・ソンヨンの高いパス成功率が致命的な攻撃の状況と接続されていない安全な「見る回転」が多いからだと貶めたりする。撮影につながったキーパスが少ないと記録の価値を切り下げたりする。キ・ソンヨンは、その考えに同意しない。

スポテレビニュースが大韓民国の「パス職人」キ・ソンヨンを満たすビルドアップパスの道を尋ねた。記者の質問を受けたキ・ソンヨンは、まるで試合中にビルドアップするようにじわじわ話を解いた。インタビューは2月1日の午後、スウォンジー・シティトレーニングセンターの戦術会議室で行われた。サッカーの戦術の談話を伝える円最適の場所だった。

- 今は変わったが、プレミアリーグでも衝突が強く、テンポが速くて、キ・ソンヨン選手が早く適応するには、スペインや他のリーグがより似合わないかと思う人々が多かったです。スコットランドとイングランドで9年の時間を費やしているが、最終的にはこの選択が今キ・ソンヨン選手のスタイルが作られるために多くの影響を及ぼしたようです。
英国がスペインや他のリーグに比べてフィジカル的な部分や試合速度が多く違うことでしょう。事実、技術的な部分は、プレミアリーグ、スペインリーグより強いと思いませんが、フィジカルやテンポ。つまり、景気速度ははるかに強いです。今までの生活しながら、そんな点がアジア選手たちには(適応する)難しい部分だと感じました。英国に来てサッカーを再学んだと思う。韓国でも、より明確にミッドフィルダーの役割を知ることになりました。フィジカル的な部分やボールを所有している部分、組織的にどのようにプレイするか多くを学ぶことができる機会だったと思います。

- スペインのような場合にボールをキャッチ置い(pausa、止め)余裕を持って、ビルドアップをでしょう。前回のアーセナルとの試合を見ると、ボールと、1度も遅滞することなく渡す姿が印象的でした。意識的にそのようにプレイをしているでしょうか?それともプレミアリーグでプレーみるような習慣ができたでしょうか?
一度圧迫の強さが違うからね。私は少しでも遅滞と圧迫がすぐに入ってくる。そのような部分で学んだことでしょう。ボールの処理が遅れると、ボールを奪われることができる確率が大きくね。各リーグの試合スタイルが多違う、これは英国のフットボールの魅力だと思います。英国で活躍しますので、私も英国に合ったサッカーをするのが正しいと思います。

- 最近プレミアリーグの西出身の監督と選手たちがたくさん渡って来て、スタイルが変わっています。いつの間にかプレミアリーグ6年車なのに、最後の時間ジョンアンその変化がどの程度感じていますか?
あまりにも最高の監督たちが来たのだから。当然チームに変化が起こったと思います。他のステージの良さを、英国の舞台にたくさん植えてくれています。マンチェスター・シティもそう、高チェルシー、リバプールもそう。監督が新たに来てからのチームカラーが多く変わったチームだと思います。その前に、実際に強いチームと試合をするとプレス(pressing、出版物)が不足したが、最近はシティーやリバプールの選手たちもプレスを組織的によくしています。

- 韓国サッカーが昔、世界最高レベルのサッカーを4年に1回、ワールドカップ程度のみ体験することができました。本人は今プレミアリーグにあまりにも最高のチームと監督、選手たちが集まっているので、毎週ワールドカップを経験する感じであることです。
毎週私競合する選手たちは、世界で優れた選手が多いので、より徹底した準備をするしかないですね。100%〜120%の準備ができていなければ、競技場の中で私のチーム内での競争に勝つことができません。そのため、毎週激しく準備している。私より不足している選手がありませんから。私よりも優れて良い選手が多いので、その選手たちと戦うために、毎週準備を確実でなければから。毎週が大変です。一日も楽々準備することができません。毎日の圧力で、勝つために最大限の準備をたくさんしています。そのような部分が私を大きく成長させる部分もあるが、一方では疲れてものです。余裕がないから。
キ・ソンヨン
- キ・ソンヨン選手は韓国で最もパスを上手選手と呼ばれます。Kリーグや代表チーム、韓国サッカーは長い間フェングペスやバックパスが多く、逆襲中心のサッカーが多いと指摘と物足りなさがありました。今グロトゴヨ。キ・ソンヨン選手のようなタイプが多くないが、本人の長期的な果敢な前進パスのために重要なことは何ですか?特に、他の訓練をしたのか?幼い頃からパスの長さも見えたのですか?
私追求するスタイルは、基本的に無意味なパス、意味のないパスでボールを失ってしまうことされるように嫌いなんですよ。最近ビッグクラブの試合を見ると、熱であれば、ほぼ九以上は守備からビルドアップをしていくために、私はそれをされるように好きです。スウォンジーの初期にもそのスタイルをほしかったので、このチームに来て、そのようなサッカーをしようと多くの努力をしましたよ。

実際、韓国ではそれは少し難しいと思います。代表や私以前にKリーグにいる時もそうだったが、ビルドアップをしていく方法や、ビルドアップを提示する監督や指導者がたくさんないと思います。Kリーグを私は時々関心を持って見ときがあり、いずれかのチームも守備からビルドアップしていくチームがないんですよ。

なぜそのような話をするのかと、もちろんサッカーチームごとにスタイルが異なり、国ごとにスタイルが異なりますが、結局は「トップのチーム(Top Team)」がするプレイを、より良いサッカーをするために従うことじゃない。学ぼうとして。後ろからビルドアップをしなければなら相手をもっと活躍して、我々はボールを所有する私たちはいくつかの多くの攻撃チャンスをつかんで、リードすることができますよ。サッカーは確率のゲームですが、勝つことができるより多くの可能性を作ることができるんです。

私逆アーセナルのようなチームと対戦したときに、相手チームが継続ボールを持っていれば守備する立場から継続走らから、それように難しいんですよ。序盤は持ちこたえることがありますが、時間が経てば経つほど、体力的に無理がくるようになり、60分、70分後に、より多くのチャンスを思い付くことしかしかありません。

■ボール止まれば奪われるプレミアリーグ、ビッグクラブ前方圧迫強くが変化
■ビルドアップの重要な理由、「降りて立ってすることができ比べる60〜70分経過すると、チャンス取るしかない」
■安全なパス、「スワンれる降格圏、無理なパスでチャンスを奉献したくない」

- 高いパス成功率が脅威的なパスではなく、安全なパスを中心に試合をするので、誇張された数値との一部の視線もあります。
私はビルドアップするサッカーが好きな方。私の役割は、守備と攻撃の間でつながりと考えます。私の位置は守備にボールを受けて、私の前、上層部の選手たちに接続することが使命でしょう。例えば、攻撃的MFやウィングポジションは、より攻撃的な位置に配置されると、リスク(risk、危険)なパスを多くしなければならないと思いますが、今、私は担当している場所で無理に積極的にすることは、むしろ攻撃の主導権を取るしかないですね。

私シティーやバルセロナで走ると打てば、そんなパスを多くすることができるでしょう。そのチームの選手たちは、常にボールを持っていますからね。私走っている韓国代表チームやスウォンジーは制限されている部分があります。私や私のチームは攻撃することができる部分が限られてのです。特に、私たちよりも強いチームに会ったときは、そのようなチャンスがたくさんありません。

今、私たちは、降格圏にいる状況であり、ゴールを入れるよりも、ゴールを守るのが私たちに重要な部分です。私は攻撃的に行くことができるチャンスを一度でもより安定感に送ってくれるのが役割だと思います。無理なパスで、一度のチャンスを奉献するよりは、私たちが作って行くことができる部分を接続する必要がないと思います。チームによってそのような役割は、多くの異なるようです

守備からやっとボー​​ルがきたが、もちろん、前進パスして、リスクを作成することがあったりね。この確率が50対50といえば、私はより完全にすることを望んでいる。バックパスもビルドアッププロセスの重要な部分だと考えて、この場所にいる選手たちを見ると、意味のないバックパスではなく、戦術的なバックパスをするのがいるんですよ。私も(この場所の他の)選手たちを見てたくさん学びあって、追求するのもそのような部分であるため、今の役割に満足している。そんな評価については、私と追求する部分が違うと思うので、大きく(気になるのは)ないと思います。

- 現在の代表チームは4-4-2でフォーメーションを基本典型的に作られています。最近スウォンジーのような場合5-4-1大型でより密な2行を作成しており、代表チームも時によっては500に続い守った。このようなことが秘訣は、すでに世界的に教科書のように広がっています。キ・ソンヨン選手の立場では、そして韓国の立場では、そのような守備をW杯本大会には展開しなければして、アジアの舞台ではそのような守備をするチームを破らなければならいます。防ぐことと破ること、二つの状況で重要な点を探ってみると?
破壊は容易でないですね。10人の選手が陣を敷いていると、あけるのは難しいことです。私たちも、アジアで苦戦する理由は、アジアサッカーのレベルも以前より多く上がってきた、より組織的に多くの変更しました。それ掘ることができる方法は、個人の能力が重要だと考えています。メッシュのような選手が一二人の場合、問題がないでしょう。最終的には一対一の戦いで誰か一人を抜いてくれればスペースが私だろうし、第打たなければ継続細かくコンビネーションで突き抜け入るよ。ところが、そのように細かく乗り越えることができる選手がどのくらいでしょう?

ドリル法は、いずれかのようです。自陣に陣取っているときアザルのような選手やメッシュのような選手や一対一の突破をしてスペースを開いてくれること。そんな選手がない場合は、バルセロナのように3〜4人のコンビネーションにより、突き抜けてガヤジョ。私たちは、アジアのチームと試合をしてみると一対一の状況で能力差が大きくないので、ちょっと難しいと思います。

- ビルドアップの重要性を話すとき言ったように、逆に私たちが自陣で守備なら、やはり体力がカギでしょうか?
私考えたときそうです。体力的にならずあれば、ある瞬間になるとスペースが広くなりよいです。カバープレーがない入るとスペースが出るので、そうすればチャンスが出るようになってそうするうちに撮影した打撃を与えるゴール入り。そう崩れるようになるのです。

■密集守備破る法:メッシュのような個人の能力、バルセロナのような3〜4人のコンビネーション
■苦戦する韓国サッカー:「アジアのチームと試合すると一対一能力の差が大きくない」
■ビルドアップよくするには、小学校の時から守備のボールの処理能力高める

- 今回のアーセナル前スワン地価その守備を90分にわたってよく実装しました。最後まで体力と集中力を維持することができた秘訣は何ですか?
一度11人が同じ考えを持って試合に臨んよ。守備的な部分で、私たちが相手に最大限のスペースを与えないようにするのが最大の重要な部分です。ボールが中に入ったとき、ミッドフィルダーが早くサポート(support、サポート)して二重に選手を包んでくれて、ずっと動かなければならと思います。守備時私どこでどのように動かなければか、スペースをどのように防ぐするかをよく知って動かなければならい。90分の間一二度でも隙を与える相手が入ってくることができる機会ができますよ。そんな隙をしない必要が、もちろん容易ではないですね。世界的な選手たちと走るのに隙をまったくないことができますか。だから、時には、実際に運が必要な部分ものです。強豪チームと試合したとき、まったくチャンスをアンジュルできないから。


- 先に韓国サッカーは、ビルドアップが足りないとしたが、良いビルドアップ能力を持つディフェンダーが不足していることが問題なのでしょう?韓国が効率性を追求するゲームスタイルのために?
幼い頃からそのような勉強がならずあるからだと思います。プロに来るまでしてきたサッカーがあり、突然のプロに来て監督が異なっようすれば、それを固定するのが、私は難しいと考えますね。小学校の時から慣れています。ディフェンダーも自分にボールが来たときに余裕を持ってボールを処理することができる部分を小学校の時から育てなければです。プロに来て急にしろとすることができる選手が何もされてつもり。

- キ・ソンヨン選手は幼い頃から、パスプレイやビルドアップ能力で認め受けたが、成長過程にどのような点が異なっていたでしょうか?
オーストラリアにあるとき、プレミアリーグのジェラード選手をすごく好きでした。ジェラード選手の大きめプレイがかなり良かったでした。韓国ではこのようなスタイルの選手をあまり好きではなかったと思います。韓国には、小さくてパリッパリッながら技術良い選手が多いでしょう。そんな点が韓国選手の長所とほとんど思うんだけど、私はそのようなスタイルではなかった。オーストラリアで私の長所を発展させました。私はかなり大きいプレイするのが良く、このようなプレイが試合に役立つことができこむ幼い頃からたくさん考えました。そのような部分が土台となって、今もかなり大きいスタイルが好きです。

私子供の時やプロに来ても、韓国の指導者の方は、そのようなプレーに対してその大きく認めないていたと思います。私もギュネス監督に会うまでは確実に頭角を現したのはなかった。青少年大会に出るときも、私は元のミッドフィルダーだった守備側下がるしかなかった。当時ミッドフィールドに良い選手が多かったが、その後も青少年代表にも技術よく、小さくても速い。そのようなタイプの選手がたくさんいました。

■ラウドループ監督のスウォンジー・シティでプレービルドアップを実現しました
■「良いサッカーをするためには選手構成が良くなければならない」
■運重要である。良い結果に自信がたまるなかった力が出てくる

- 個人的に本人に最も大きな影響を及ぼした監督がいる場合は誰でしょうか?プロとしてのキャリアに最も印象深かった時期を挙げてみると?
初めてスウォンジーたとき、ミカエル・ラウドルップ監督に会った時にね。プロに来てこのようにサッカーをしたのは初めてでした。当時、私はした試合のパス回数が90回で100回を越える場合も多かった。それがサッカーをしながら、最も楽しかった面白かった頃だったと思います。私のボールをたくさん触れから面白い。初めてビルドアップとは何なのか。このようにビルドアップして試合をすることができることをたくさん実現でしょう。強豪とも試合をした時も、私たちがボール支配率も高く、チャンスを作ることも多かったです。そのような点で、どのチームに会っても、絶対怖くなかったと思います。私たちは、ゴールキーパーからのパスを解放出る過程になるように良かったたし。その当時は今のスウォンジースタイルとは全く違いました。したいことができる部分ではないよ。それが、私は最も良かった。

- たいとすることができるではないとしたが、以上の実装では、明らかに別の問題です。ビルドアップを上手チームになるためにどのような点に重要ですか?ラウドループ監督と一緒にしたときに、地図方式や訓練方法の特別な点がありましたか?
最も重要なことは、選手の構成だったと思います。ゴールキーパーからボールを​​膜何台もの車の選手が一つもなかったんです。白布ラインで11人の選手が多ボールを蹴ることができた選手たちであったため。監督もそのような選手がいるから、信仰があったと思います。選手たちの間でも、戦術的に約束が多くなっていました。一度11人の選手が多ボールをうまくできない奪わから。その始まりは、ゴールキーパーだったが、今トッテナムのミシェル春選手がいたが、かなりボールをよく多ルォトゴ、技術が良かった。そうしてみる毎試合面白くたと思います。

- 監督にも選手が重要ですが、選手も何監督に会ってのかの影響が大きいと思われる。スウォンジー・シティもそうですし、代表もこれまでの監督交代が多かっましたよ。混線が大きかったと思います。
二つのだと思います。最初は、もちろん当然混乱が来ます。監督が一人変わればチームが全体的に多変わった。選手の構成も変わりスタイルも変わり、そのような状況に適応するのが簡単なのは、非と思います。もちろん雰囲気的な部分での成績がないよかったとき、監督を交換する選手たちが再び緊張感を持っているのは良いことだが、監督があまりにも多くかわるみると、自分自身も何をすべきかどうかを分からなくなる面があります。哲学が多変わりますので、監督が変わるのは難しいと思います。

- ブラッドリー監督やクレメント監督もビルドアップを追求していた監督であり、赴任当初は、肯定的な変化を引き出すもしましたね。結局、よくならず、硬質になるしかなかったプロセスの問題は何でしたか?選手たちとの関係に問題があったのですか?
そんななかった。試合にだと、どうしても負担も生じ選手たちも自信を持ってプレーする部分が不足しているので、グラウンドに自分が持っているものすべてが失敗を示すようです。降格圏にある場合、結果が重要であるため、良いサッカーをするよりも、何とか勝つし。勝つためには、実際には良いサッカー、きれいなサッカーではなく、ぶつかって戦ってくれることが必要ですね。そうしてみるのチームの色も変わるようで、監督が圧迫を受ける見れば選択に混乱が来るかもしれないのです。そのような面が影響を与えなかったかと考えています。

- 赴任後序盤の成績がついて必要があるという話だが、最終的には序盤に試合内容も重要ですが、結果に運がついて必要以来、チーム運営に継続性を持つことができていると見ることができるだろうか?
そうです。序盤に良いランキングにいると、サッカーというのが人が運動であるため、どうしても自信がいると、自分が普段出てもいなかったプレイが出てくることもあり。それに影響がたくさん与えると思います。

- 試合というのが、前述だけでされているのではないだろう、前述の訓練、そしてチームの雰囲気など競技力との結果に及ぼす比重がどうだと思いますか?
一度プレーヤーが好きハングします。(笑)それが正解です。選手が良ければ監督も楽。監督がいくら良い戦術を組んでそんな要求しても、選手が戦術的遂行能力がなければ、競技場の中で競技力がない出。したがって、最初の選手構成が重要だと考えて。その次には、もちろん監督の能力も重要だが、それは限界があると思います。

- グアルディオラ監督の理想的なサッカー、モウリーニョ監督の実用的なサッカー、ユルゲン・クロップ監督のゲゲンプレスなどは、現代サッカーでは監督の影響力を示す事例が多くないですか?
「トップのチーム」は、別の話でしょう。そのチームは、選手のクオリティがある世界的な選手たちだから、その世界的な選手たちの間で、どの組み合わせをどのように合わせかにに対して、私は本当に監督の戦術能力だと思います。しかし、弱いチームを持っている奇跡のようなことをするのは珍しいんじゃないですか。選手構成が良ければ、確率が高いということでしょう。成績を出すことができる確率が高く。いくら良い監督があっても選手が不足していると、良い成績を出す確率が低いと、私は見てよ。もちろん奇跡のようなことが起きてよ。ベトナムのように。(笑)ところでそれ痕はしないでしょう。私が見た時は監督の力量が当然重要であり、トーナメントを選手たちがチルダ見れば自信がサトヨヨ。私たちもできるという自信が積もっ爆発したと思います。ほとんどの場合には、確率上で選手が一度によい監督の力量が光ると思っています。

テーマ:韓国メディア情報
ジャンル:テレビ・ラジオ

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク